LIFE

料理のコツ・レシピ・健康・ダイエットなど主婦目線の気になる情報発信サイト

病気対策法・健康

こうすれば出来る!赤ちゃんの粉薬の上手な飲ませ方

2015/02/08

LISA78_okashiwomorattenakiyamu20141018102149500-thumb-1200x800-5885赤ちゃんや子供に粉薬や飲み薬を上手に飲ませる方法が1月9日に放送されたNHK「すくすく子育て」で放送されました。
番組で取り上げられた嫌がらずに飲ませることのできる方法や、ゼリーなどの食べ物を使って工夫する方法について取り上げてみたいと思います!

スポンサーリンク

赤ちゃん・子供の飲み薬の使用で気を付けること

赤ちゃんや子供に飲み薬を使用する場合は、必要最低限にしておくことが大切です。
また、なるべく子供に説明して飲ませることも大切です。

くすりを上手に飲ませる方法

飲むといいことがあると説明する

このお薬を飲むと、こんないいことがあるんだよということを説明してあげます。
2歳くらいからが目安になるんだそうです。
また、「頑張る君は好きだよ」というメッセージを伝えることも大切です。

粉薬の上手な飲ませ方

粉薬は実はそのままでは水にうまく溶けません。
一番いいのはトロリと垂れるゆるいペースト状に溶くのがベストです。
ペースト状になった薬を口の中の舌に触れない場所(頬やうああご)に塗り付けそのあと水などを飲ませて流し込みます。
ペースト状なのですぐに水と共に食道に流れていくので舌に触れず嫌な味がしません。

★少ない水で団子状に練るのは薬が少しずつ口の中に広がりくすりが下に触れ嫌な味が長くしてしまうので避けましょう!

服薬ゼリーを使う方法

1、まず余分な水をきる。
2、スプーンに半量位を出す。
3、その上にはみ出さないように薬を乗せる。
4、くすりを覆うように上からゼリーを乗せる。
こうすることで舌にくすりが触れることなくつるんと飲み込むことが出来ます。
おすすめはこちらです↓

食べ物を使う方法

★アレルギーがある食材は使わない!
★一口で食べきれる量を目安にし、舌の上にくすりがのらないようにする。
<ゼリーの場合>
1、ゼリーは固めのものを用意する。
2、ゼリーをスプーンにとり、上部に切り込みをいれる。
3、切込みにくすりをはさみこむようにする。

<アイスクリームの場合>
1、ゼリーと同様に一口分をスプーンですくう。
2、取ったアイスの上に薬をはさみこむ。

漢方薬の上手な飲ませ方

粒が大きく苦みの強い漢方薬は、練乳やメープルシロップなど粘りがあり甘味が強い食材に混ぜる方法がおすすめ!
★はちみつは1歳未満の子供には与えない!
★食品に混ぜる際には、薬が変質してしまう場合もあるので事前に薬剤師や医師に混ぜても大丈夫な食材かどうか確認するようにしましょう!

スポンサーリンク

その他上手に飲ませるポイント

お母さんが怖い顔をしてくすりを持っていくと子供の感づいてしまうので「楽しく」「手早く」何もなかったかのように飲ませるものポイントです!
がんばって飲めたら盛大にほめてあげることも大切です。
また、「お手本を見せてあげる」ことも効果があるそうです。

離乳食前の「毎食後」っていつ?

まだ食事のリズムがついていない授乳期の赤ちゃんの場合は、食事と関係なく一定の時間間隔で飲ませます。
1日を3等分した時間配分で飲ませれば大丈夫です。
食後にこだわらなくてもよく、授乳前のおなかがすいているときにあげるほうが飲みやすくなります。

くすりを飲んだ後もどしてしまった時は?

くすりを飲ませてすぐ戻してしまった時はまたすぐに飲ませていいのか、次回の時間まで待っていいのか悩みますよね。
戻してしまってすぐにまた飲ませても、再度戻してしまう可能性が大きいのでその場合は時間をおいてからもう1度飲ませましょう。
食前の服薬で吐きそうな場合は食事を控えてまず薬を飲ませます。

座薬の使い方

1、指定された量に合わせて清潔なナイフやはさみなどで切る。
★先のとがっている方を使う。
2、先端にワセリンを塗って入れやすくし、お尻に入れたら外に出てこないようにお尻を挟んで押さえる。
★もし出て来てしまっても、半分以上溶けていれば体の中に薬が吸収され効果があるので大丈夫!

おくすり手帳の活用方法

おくすり手帳は必ず毎回出し、普段と別の医師や病院を受診するときは必ずおくすり手帳を見せるようにします。また、くすりについて気づいたことがあればメモをして医師や薬剤師に見せるとその子にあった薬を処方してもらいやすくなります。
普段は災害に備えて母子手帳や保険証と一緒にしておくのがおすすめ!

くすりを飲ませるのが楽になる便利グッズ

くすりを飲ませるのがぐっと楽になる便利グッズも色々と販売されています。
どうしても難しいときには取り入れてみてはいかがでしょうか?

↓こんなかわいいのだと子供も喜んで飲みそうですね!

なかなか子供にくすりを飲ませるのは難しいですが、病気を一刻も早く治すためにも大切な薬ですよね。
ママは大変ですが色々と工夫して飲ませる参考になれば幸いです。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

アドセンス

スポンサーリンク

関連コンテンツユニット

-病気対策法・健康