LIFE.net

料理のコツ・レシピ・健康・ダイエットなど主婦目線の気になる情報発信サイト

ためしてガッテン 病気対策法・健康 美容

ためしてガッテン危険なむくみの見分け方!甲状腺機能低下症とは?

2016/06/30

6月3日のためしてガッテンでは、危険なむくみの見分け方が放送されました!
甲状腺機能低下症という様々な症状が出てくる病気の見分け方をご紹介します!

スポンサーリンク

危険なむくみとは?

一般的なむくみとは、重力により脚に水分がたまってしまった状態のことを言います。

それに対し、危険なむくみとは
ほおっておくと抜け毛や冷え、便秘、肥満、どうき、息切れ、内臓むくみを引き起こす危険なむくみなんです!
なんと300万人以上の人がいつなってもおかしくないそうなんです。

危険なむくみになると激しい手や顔のむくみが起こったり、健康診断で要精密検査という結果が出てしまうという症状がでます。
実はこれらの人たちに共通しているのが「心臓がむくんでいる」という状態だったんです。

この状態になると心臓から送られる酸素の量が大幅に減少するため息苦しくなったり呼吸が出来なくなるなど危険な状態になることもあるんです。
怖いですね!

むくみもどき(危険なむくみ)の見分け方

1、声帯がむくむこともあるため、声が出辛くなったり以前より声が低くなるといったことが起こる。

2、むくんでいる脚のむこうずねの横あたりを5秒くらい強く押す。
これでへこむ人 → 通常のむくみ
へこまない人 → 危険なむくみ
というように判断します。

この危険がある場合は超音波エコーで首をチェックします。
腫れている場合、甲状腺の働きが落ちていることがあるんです。

甲状腺とは5㎝ほどの臓器で、全身の60兆もの細胞に必要な甲状腺ホルモンを作っています。

危険なむくみ「甲状腺機能低下症」の原因とは?

危険なむくみの正式名称は「甲状腺機能低下症」といいます。
実は危険なむくみの原因とは「ヒアルロン酸」なんです!
ヒアルロン酸がたまりすぎていて足がむくんでいたんです。

甲状腺ホルモンが不足すると細胞も元気がなくなり古くなったヒアルロン酸が分解されずたまっていってしまうんです。
そうして古くなったヒアルロン酸がたまることで体中にむくみが出てきてしまうという事だったんです。

この病気には遺伝的な部分もあるんだそうです。

症状は?

・抜け毛
抜け毛が起こる場合は眉毛の外側半分が抜けやすくなります。

スポンサーリンク

・関節痛

・うつ症状
神経細胞間のやりとりの元気がなくなることでうつ状態になりうつ病に似た症状が起こる場合もあるんです。

・頑固な便秘
・発汗減少
・乾燥肌
・心機能低下

このような症状がありむくみもどきのチェックをして該当する場合はかかりつけ医に一度相談してみてください。

治療法は?

病院では血液検査でチェックをします。

治療には「甲状腺ホルモン剤」を使用します。
1ヶ月ほどでよくなるということでした。

気になる方は是非病院で診てもらってくださいね!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

アドセンス

スポンサーリンク

関連コンテンツユニット

-ためしてガッテン, 病気対策法・健康, 美容