LIFE.net

料理のコツ・レシピ・健康・ダイエットなど主婦目線の気になる情報発信サイト

あさイチ 病気対策法・健康 美容

あさイチ正しい靴の選び方!靴がもたらす影響とサンダルの選び方大公開!

2016/07/01

7月22日のNHKあさイチでは、万病のもとになりかねない靴の正しい選び方が放送されました!
内蔵や腰痛、肩こりなどに影響してくることもあるという靴の番組に登場した正しい靴の選び方をご紹介します!

スポンサーリンク

ゆるい靴が原因!

ゆるい靴が原因でひざの痛みを引き起こすこともあるんです。
番組に登場した女性は靴のサイズやバランスをかえただけで10年間悩んだひざの痛みがたった半年で解消されていました!
それほど靴は大切なんですね。

整形外科医で日本靴医学会の理事を務める「内田俊彦」さんによるゆるい靴の危険性をお伝えします!

靴の中で足が滑る

靴の中で足が滑ると魚の目やタコが出来る原因になります。

またゆるい靴だと足の指の力をあまり使わずに歩いてしまいます。
そのため足裏の筋力が低下してしまう原因になるんです。
足裏にはアーチがありそれが崩れてしまうとクッション性がなくなり親指にしわよせがくると外反母趾に、
ひざにくるとひざ痛の原因になるんです。

またゆるい靴だとすねの筋肉もあまり使わずに歩いてしまいます。
これは姿勢が変わってしまうことになるので、肩こり、腰痛、顎関節症を引き起こすこともあるんです。

筋膜で体調不良に!?

筋膜は全身をめぐる第二の骨格とよばれる重要な部分です。
全身につながっているので、ある部分に不調を生じると体のバランスが崩れてしまいます。

これが生理痛がきつくなったり、胃のむかつきにつながることもあるんです。

大切なのは自分のサイズを知ること!

1番大切なのはまず自分の適正なサイズを知ることなんだそうです。

まず、靴は伸びるのでサイズはピッタリでOK!
各メーカーによってもサイズが違うので、自分のサイズはこれ!と決めつけず履いてみることが大切なんだそうです。

サンダルの選び方

夏には欠かせないサンダルですが、選び方を間違えると百害あって一利なしなんだそうです。
でも女性であれば履きたいですよね。

サンダルはヒールが高いものであったら

・調節できるバックベルトが付いているもの
・甲の部分のおさえが太いもの
がいいそうです。

またペタンコタイプの靴の場合は
・底に溝がついていて、指先の部分が曲がる柔軟性があるもの
がいいということでした!

スポンサーリンク

どうしてもピンヒールでベルトがないような靴を履きたい場合は、なるべく長時間履かないように履き分けるようにした方がいいそうです。
結婚式やパーティーなどに行く際はもう1足持っていくといいかもしれませんね!

是非ただしサイズの靴を履き、おしゃれも楽しみたいですね(^_^)/

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

アドセンス

スポンサーリンク

関連コンテンツユニット

-あさイチ, 病気対策法・健康, 美容