LIFE

料理のコツ・レシピ・健康・ダイエットなど主婦目線の気になる情報発信サイト

料理のコツ&技 林修の今でしょ講座レシピ 林修の今でしょ!講座 病気対策法・健康 美容

林修の今でしょ講座牛肉食べ分け術大公開!ダイエットや肌荒れにも効果的!

2016/06/30

8月18日の林修の今でしょ講座では渡辺信幸先生による牛肉食べ分け術が放送されました!
ダイエット、高血圧、夏バテ、夏風邪、肌のトラブルに効果がある部位をご紹介します!

スポンサーリンク

高血圧にはサーロイン

血圧が高めの人は、牛肉の中でもサーロインがお勧めなんです。
サーロインは背中から腰にかけての部位で、肉質の良さは各部位の中でもトップクラスです。

多雨林とオレイン酸の効果が高く、
老化などが原因で血管が細く固くなると高血圧になりやすくなります。
脳卒中の原因にもなる高血圧にならないためには、血管をしなやかにして丈夫にすることが大切です。
それにはサーロインが適しているそうです!

ステーキの脂にはオレイン酸が含まれています。
オリーブオイルにも含まれていることでも有名ですよね!
オレイン酸は動脈硬化や心疾患の予防改善に効果があります。

おすすめの食べ方はブロッコリーと一緒に食べることです。
緑黄色野菜に含まれているベータカロテンは動脈硬化に効果があるうえに、ブロッコリーには取りすぎた塩分を排出するカリウムも豊富に含まれています。

ただ、お肉を食べるとコレステロールが気になりますよね。
実は食事と血中コレステロールは関係ないと2015年に厚生労働省が発表しています。
現在ではコレステロールの摂取制限はなくなっています。
つまり油っこいものを食べてもコレステロールが上がることはないんです。

ではなぜコレステロールが上がるのかと言うと、生活習慣の乱れ・運動不足・食べ過ぎなどが原因ということでした!

ダイエット

ダイエットには脂肪燃焼を助ける成分を含んだヒレがおすすめです。
非常に柔らかいのが特徴のヒレですが、脂肪燃焼を助けるカルニチンが豊富に含まれています。

さらにヒレにはロイシンという印肉増強に効果が期待できる成分も豊富です。
筋肉が増えれば代謝もアップします。
ヒレであれば1日200g食べても大丈夫だそうです。

ヒレはちょっと高いな・・というときには赤みのお肉であれば効果があるということでした!

夏バテにはレバー

夏バテにはビタミンB1が豊富なレバーがお勧めです。
ビタミンB1は体のエネルギーを作り出す効果が期待できます。

さらにレバーには鉄分、銅、亜鉛、ビタミンB12が含まれていて、貧血の予防にも期待できるんです。
おすすめの食べ方はレバニラです。
ニラにはビタミンB1の吸収を助けるアリシンが豊富です。

スポンサーリンク

夏風邪にはテール

夏風邪の予防や引いた後にもテール肉がおすすめなんです。

夏風邪は厚さで冷たいものやさっぱりしたものばかり食べていると体の免疫力が低下してしまうことが原因の1つです。
テールには脂肪がたっぷり含まれています。
脂肪は体温を上昇させて体の免疫力を高める効果が期待できるためテールがおすすめなんです!

また、テールにはサーロインの2倍脂質が含まれています。
さらにミネラルの亜鉛が含まれているんです。
亜鉛にはかぜのウイルスの増殖を止めて、炎症を抑える効果が期待されています。

おすすめのテール料理はテールスープです!
おいしいですよね♪
温かいスープで体温が高くなるのはもちろんのこと、スープに含まれるねぎが殺菌・体温上昇に役立つ硫化アリルを含んでいるからなんです。

肌のトラブル

肌のトラブルには牛筋がおすすめです!
コラーゲンが減ることが肌の老化につながります。

ヒアルロン酸やコラーゲン、コラーゲンをつなぐエラスチンも豊富なんです。
また比較的安価なので無理なく食べることが出来るのもいいですよね!

おすすめの食べ方は牛筋煮込みです。
トッピングのねぎはコラーゲンの合成を助ける効果もあります。

その他の部位別栄養効果

カルビ・・・ビタミンB12が豊富で疲労回復に効果あり
タン・・・パンテトン酸が豊富でストレス解消に役立つ
ピーマンのビタミンCがストレス解消ホルモンの合成を助けるため、タンで作ったチンジャオロースがおすすめ!

胃袋(ミノ・ハチノス・センマイ・ギアラ)・・・ビタミンKが豊富で骨を強くする効果が期待

おいしい牛肉を食べて健康効果が期待できるなんて嬉しいですよね♪
是非目的にあった部位を食べてくださいね(^_^)/

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

アドセンス

スポンサーリンク

関連コンテンツユニット

-料理のコツ&技, 林修の今でしょ講座レシピ, 林修の今でしょ!講座, 病気対策法・健康, 美容