LIFE

料理のコツ・レシピ・健康・ダイエットなど主婦目線の気になる情報発信サイト

林修の今でしょ!講座 病気対策法・健康 美容

林修の今でしょ講座!筋膜ほぐし&体のズレや歪みを戻す歩き方大公開!

2016/06/30

10月27日の林修の今でしょ!講座では体のズレや歪みを戻す筋膜に注目した正しい歩き方が放送されました!
番組に登場したダイエットにもなる医学的に正しい歩き方&効果をアップさせる筋膜ほぐしの方法をご紹介します♪

スポンサーリンク

鍵となるのは筋膜!

人は1日に7000~8000歩歩いていると言われています。
人は知らず知らずのうちに生活の中で歪みを貯め込んでしまいますが、歩くことによって体のズレや歪みを改善することが出来るんです。

そのカギとなるのが「筋膜」です。
筋膜は1つ1つの筋肉を包んでいる薄い膜で筋膜が硬くなるとコリや痛みとして発症してしまいます。

筋膜は全身をボディスーツのように覆っています。
筋膜の硬さをほぐしてあげることで、全身の筋肉の状態もよくなるんです!

こんな歩き方はNG!

歩幅が狭い小股歩き

歩幅が狭い小股歩きはももの前&腰の筋肉を使えていないためNGです!

下半身に60~70%の筋肉が集まっているため代謝も落ち、脂肪が燃えにくい体につながってしまいます。
ちなみに小股歩きだと30分で71.4キロカロリーですが、大股歩きだと91.5キロカロリーにもなるんです!
これを1日で考えると40キロカロリーにもなり、1年で比較してみると・・・
1.63キロ相当の脂肪の差が出ることになります!

歩くときは小股にならないように気をつけたいですね!

ポケットに手を入れて歩く

ポケットに手を入れて歩くと体をひねることが出来ないため、腹筋&腰回りの筋肉を使えていないのでNGです!

上半身が動くとしっかりと体をひねって歩くことが出来ます。
このひねりがとても大切なんです!

お腹周りの筋膜は臓器の動きを助ける重要な部位で、しっかり動いていないと便秘や胃もたれ&腸の消化が悪くなる原因になってしまいます。

歩くときは大股で!

靴1足分前に出すのが大股歩きの目安です。

大股で歩くと約300の筋肉が動くため筋膜のゆがみが取れ、身体のズレが戻りやすくなります。
寒い時は前かがみにならないように手袋をし、手をしっかりとふって歩くようにしましょう!

ダイエットに最適なウォーキング方法はコレ!

ダイエット目的のウォーキングの場合、最適な時間は夕方です!
夕方5~6時は体温が高い時間で、筋肉が動きやすい時間帯です。

また、夕食前で血糖値が一時的に上昇し、空腹感が薄れるんです。
そのため食べ過ぎを防いでくれる効果があります。

歩く前には筋膜をほぐす!「筋膜ほぐし」

筋膜をほぐしてから歩くと筋肉がより動きやすくなります。
それには「筋膜ほぐし」が効果的!
やり方は・・・

1、右手は椅子の背もたれにつける。(立った状態で)

2、左足は前に出し、軽く膝を曲げる。
右足は後ろでひざを伸ばす。

3、左手を天井に向かって伸ばす。
30秒。

4、身体を左にひねる。
30秒。

5、椅子の背もたれに肘をかけてひねる。
30秒。

これを左右入れ替えて行います。
およそ3分で出来る運動なので是非覚えておいてくださいね(*^^)

おすすめ関連記事

ためしてガッテン肩こり治療法!筋膜リリースストレッチ&ストレートネック補正方法大公開!

スポンサーリンク

金スマの骨ストレッチ!手首肩甲骨ストレッチ&手首スクワット&鎖骨ひねりストレッチ方法大公開!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

アドセンス

スポンサーリンク

関連コンテンツユニット

-林修の今でしょ!講座, 病気対策法・健康, 美容