LIFE

料理のコツ・レシピ・健康・ダイエットなど主婦目線の気になる情報発信サイト

NHKあさイチ 病気対策法・健康 美容

あさイチやせすぎはNG!正しい食事&筋トレで引き締まったボディになる方法!

2016/07/01

bb537161f69dc0360e1e354803e3bc6b_s

11月2日のNHKあさイチでは「スリム願望にご用心!」というテーマが放送されました。
厳しい食事制限によるリスクや正しい食事のとり方、妊婦さんがやせすぎていることに対する赤ちゃんへのリスクなど番組の内容をご紹介します!

スポンサーリンク

やせたい!その願望が実はとても危険!?

ダイエットやスリムな体型は女性の永遠の憧れですよね。
でも今やせすぎな女性や低カロリーすぎる食事が危険だと注目されているんです。

あなたのBMIの値は大丈夫?

国際的な基準「BMI」は有名ですよね。
BMIの計算式はこちらです。

BMI=体重(kg)÷身長(m)÷身長(m)

BMIが18.5未満は「やせ」
18.5~25は「標準」
25以上は「肥満気味」
となります。

やせでも肥満でもよくなく、標準を目指すことが大切なんです!

また体脂肪は20~30%がベストです。

食事制限にはリスクがいっぱい!

番組ではもともと標準体型だったのが食事制限恵やせ体型になった吉田さん(仮名)が登場しました。
30代女性の1日に必要な摂取カロリーは約2000kcalですが吉田さんの場合・・・

朝食はいちじく2個、ヨーグルとグラノーラ、ココナッツオイルを入れたアーモンドミルクで278kcal
昼食は野菜中心のお惣菜で506kcal
間食はチョコレート 80kcal
夕食は帰り道にナッツを20粒食べるだけ!145kcal
1日の合計は1009kcalです。

しかしこういった食生活が吉田さんの体に大きな影響を及ぼしていたんです。

まず基礎代謝量が通常であれば1100kcalなければいけないところ890kcalほどしかありませんでした。
筋肉も減少に、低体温になっていました。

お医者さんももう少し食べれば疲れにくくなり、活動的に動けるのではないかと言っていました。

若いころの食事制限が影響することも・・・

食事制限をしてしまうとまず筋肉から使われてしまうため、筋肉量が減少します。
そのため基礎代謝量も減ってしまうんです。
基礎代謝量が減るということは活動量も減り、疲れやすくなったり体調不良を感じることが多くなります。

例えば
・冷え性
・生理不順
・骨粗鬆症
・たるみ
・しわ
・くすみ
・薄毛
なども挙げられます。

冷え性は筋肉量も大きく関係しています。
筋肉があれば熱を発するので体も冷えにくく、風邪なども引きにくくなるんだそうです。
生理不順は体脂肪が少なすぎることも関係しています。
痩せすぎている人は筋肉量が少なすぎる人が多いそうです。

また年をとってからもやせの人の方が転倒などのリスクが高まり、実際に標準体型の人よりも介護保険料が高い傾向にあるんだそうです。

食事はしっかり食べ、しっかり動くことが大切なんですね。
おすすめの筋トレはこちらです!
あさイチ筋トレダイエット!スクワット&早歩きウォーキングなど筋トレ方法大公開!

また今している食事制限だけではなく、若いころに行っていたものも後々影響を及ぼすことがあるんです。
今もし食事制限をしている若い女性いたら将来のことを考えてもあまりにも厳しい食事制限はやめたほうがよさそうですね。

正しい食事管理とは?

筋肉量を減らさずに、引き締まったボディを維持するには、しっかりたんぱく質中心の食事にすること。
それに野菜などのミネラル分をプラスすることが大切だそうです。

しっかり食べているのにやせすぎている人の場合は発酵食品を取り入れ腸内環境を整えると栄養吸収がよくなります。
もちろん筋トレなどをして体を鍛えることも大切です。

体は過去の自分の運動量と食事でできています。
体がしっかりと生まれ変わるにはなんと1年かかるんです!!

あさイチで以前取り上げられた筋力アップのトレーニング方法はこちらです。
正しい食事と一緒に取り組めば効果アップ!ただのガリガリではなく、マッスル女子を目指すことで健康的で見た目もきれいなボディになれますね♪
あさイチ筋トレダイエット!スクワット&早歩きウォーキングなど筋トレ方法大公開!

妊娠中のダイエットにも要注意!

現在やせている女性が多くなった影響で、生まれてくる赤ちゃんの出生体重も少なくなってきているんです。
ママのBMIがやせだと母体の栄養状態がよくないことが予想され、赤ちゃんに栄養がしっかり行き届かないことが考えられるそうです。

ある産婦人科の先生のデータによると、ママのBMI別にみた赤ちゃんの出生体重の平均は
やせ 2959g
標準 3091g
という差があることもわかりました。

出生赤ちゃんの体重が2500g未満だと、心筋梗塞、神経発達以上、糖尿病など将来生活習慣病などのリスクが高まるということもわかっています。
※これは生まれた週数がポイントで、ママのダイエットなどが原因で40週でも2500g未満だったりするとき

胎内で低栄養で育つと少ない栄養でもしっかりとため込む蓄え体質になり、これは生まれてからも変わることがありません。
そのため将来生活習慣病などを引き起こしやすくなるんですね。

スポンサーリンク

BMI20のモデルの食生活とは?

理想の体型は「出るところは出て締まるところは締まる!」です。

番組に登場したミス・ユニバースファイナリストの岸本さんのBMIは見た目スリムなのになんと20!
ポイントはやはりたんぱく質をしっかり摂ることです。

ただ痩せているだけでなくグラマラスなボディ、いいですよね♪

ではどれくらいたんぱく質を摂取したライカと言うと「3食片手一盛りのたんぱく質」を摂りいれること!
時間がない時にはご飯の上に納豆、おかか、じゃこなどを乗せるだけでもOK!

他にも「レインボー」配色で食べ物を考えるとバランスがよくなります。
赤・・鮭やトマト
黄色・・・卵
緑・・野菜
など!
また炭水化物は茶色を混ぜるのがポイントです。
全粒粉のパスタやパン、玄米などですね。

お手軽に摂取するならプロテインもいいですよね♪

ヴィクトリアシークレットモデル「ヴィクシーモデル」のワークスタイルがおすすめ!

ここで取り上げてみたいのが有名なヴィクトリアシークレット「ヴィクシーモデル」たちのトレーニングです。
彼女たちはモデルの中でも最高峰と言われ、ヴィクトリアシークレットの下着をランウェイで着こなすため日々ストイックな食事管理とトレーニングを積んでいます。
細いだけではなく、しっかりと筋肉もついた引き締まったボディは健康的にダイエットをするうえでとてもいい目標になりますよね♪

ヴィクシーモデルたちの行っているトレーニングはyoutubeにも動画がたくさんあるので、是非参考にしてみてください!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

アドセンス

スポンサーリンク

関連コンテンツユニット

-NHKあさイチ, 病気対策法・健康, 美容