LIFE.net

料理のコツ・レシピ・健康・ダイエットなど主婦目線の気になる情報発信サイト

林修の今でしょ!講座 病気対策法・健康 美容

林修の今でしょ講座!痩せるジョギングの5つのポイント大公開!

2016/06/30

51e10d92ef29433889cab220405f54f1_s
5月10日の林修の今でしょ!講座では「楽して痩せるジョギング学3つの方法」が放送されました!
番組に登場したダイエットに効果的なジョギングの仕方や事前に行うと効果的な四股トレーニングをご紹介します♪

スポンサーリンク

ジョギングは歩くより消費カロリーが多い!

そもそも「歩く」と「走る」の違いとは
歩く・・・どちらかの足が必ず地面についた状態で前に進む
走る・・・前に進むとき体が地面から浮く状態がある
という違いがあります。
そのため走る方が消費カロリーが高いというわけなんですね。

ダイエット効果がアップする走り方とは?

ダイエット効果をアップさせるには「腕を大きく振る」ことが重要です!
手(腕)を大きく後ろに振る(引く)だけでダイエット効果や肩こり解消効果がアップするんです。

身体の筋肉はつながっているため腕を後ろに引くことで他の筋肉も動くんです。
腕を後ろに引くことで全身運動となり、消費カロリーもアップします。
後ろにしっかり引けていれば顎も上がることがありません。
肩甲骨を動かすため肩こりや、体をねじるので腰痛にも効果があります。

脂肪を効果的に燃やす食事のタイミングとは?

脂肪を効果的にジョギングで燃やすには「ジョギングする前に食べること」が大切です!

実は空腹では脂肪は燃えません。
脂肪は体に蓄積された燃料です。ですが自分では燃やすことが出来ません。
着火させるマッチの役割を果たすのが炭水化物などに多く含まれている糖質なんです。
空腹の時、体の中の糖質はとても少なくなっているため脂肪は燃やされないんです。

糖質を食べてから1時間~2時間たつと消化吸収されるのでそれくらいの時間からジョギングをスタートさせるのがおすすめです。

ジョギング前にすると脂肪燃焼効果がアップ!四股トレーニング

ジョギングまでに筋トレをするとさらに脂肪が燃えやすくなります。
ですがいきなり初心者が本格的な筋トレをジョギングの前にするのは大変ですよね。
今回番組では簡単に出来る事前トレーニングが紹介されました!
ズバリその方法とは「四股」です!

1、大きく足を開き、つま先を外にしてしゃがむ。
☆辛ければ手をついたり、膝に手を置いてもOK!

2、立ち上がる。
たったこれだけです。
5回程度繰り返し行います。

さらに脂肪を燃やすために効果的な走る時間とは?

さらに走る時間を間違えると脂肪があまり燃えてくれません。

おすすめは休憩を1回挟んで30分走る方法です。
多少の休憩をはさんでも脂肪は燃え続けるんです。
1回ではなく2回、3回休んでも少しの時間なら大丈夫なんです。
20分だと短いと言われているので、トータルで30分走るのがおすすめです。

スポンサーリンク

適切な水分補給とは?

水分補給は水だけよりも冷たいスポーツドリンクが適しています。
水だけを補給し続けると体の塩分が足りなくなってしまいます。
また冷たい方が吸収がよくなるんだそうです。

どうせ走るならしっかりとポイントを抑えて効果的に脂肪を燃やしたいですよね!
是非実践してみてくださいね♪

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

アドセンス

スポンサーリンク

関連コンテンツユニット

-林修の今でしょ!講座, 病気対策法・健康, 美容