LIFE

料理のコツ・レシピ・健康・ダイエットなど主婦目線の気になる情報発信サイト

掃除術 林修の今でしょ!講座

林修の今でしょ講座!布団やエアコンのカビダニ対策方法大公開!

2016/06/30

dcf13ddb6019a0a2d05fae4cd8f6bd64_s
5月31日の林修の今でしょ!講座ではカビ・ダニ対策方法が放送されました!
布団のダニ対策やエアコンや浴室のカビ対策方法をご紹介します(^^♪

スポンサーリンク

少しでもカビが生えたら食べるのはNG!?

食べ物にカビが生えてしまった場合その部分だけ切り落として食べますか?それとも少しでも生えていたら捨てますか?
実はカビを切り落としても食べてはいけないんです。

体に害のあるカビの毒が広がっていくことがあるため、少しでも生えていたら処分したほうがいいんです。

加熱しても一部のカビは死滅しないんだそうです。

発がん性の強いカビ「アスペルギルス・フラバス」は穀物や乾燥したところを好むカビで、
ケニアで100人単位の人が死亡した例もあるそうです。
他にもりんごに生える「パツリン」というカビは人間にとって毒性があるので注意されています。

日本ではカビの生えた食べ物が流通することよっぽどはないため、自宅での管理が大切ですね!

梅雨の時期に効果的な食品の保存方法!わさびが効果的!

実はわさびをそばに置いておくだけで防カビ効果があるんだそうです。
わさびに含まれている「アリルイソチオシアネート」という辛味成分が抗菌・防カビ効果が期待できるからなんです。

お寿司に含まれるわさびももともとは魚を長持ちさせるために入っていたんだとか!
理にかなっていますね。

浴室乾燥機で洗濯物を干すのはいい?悪い?

浴室で洗濯物を干す場合には積極的に浴室乾燥機を使うのがベストです!
カビは生えなんだそうです。

浴室乾燥機は40度以上の温風を送るため、カビが生えにくい環境を作ります。
ない場合は広い部屋で除湿や除湿器を回して干すようにしてくださいね!

洗濯干し便利グッズはこちらがおすすめです♪
マツコの知らない世界洗濯物干し便利グッズ5選!ドア・エアコン速乾ハンガー・シーツ干しなど

エアコンのカビ対策お手入れ方法

エアコンの中は何も対策をしなければカビだらけになってしまいます。
埃の中にはカビがたくさんいます、エアコンの中にもほこりはたまりますもんね。

フィルターの掃除はもちろん大切ですが、電源を切る前に送風モードにするだけでも効果があります。
15分程度送風にし、しっかり中を乾燥させてあげることでカビが生えにくくなるんです。
古いエアコンの場合は内部の洗浄を2年に1度はしたほうがベストです。
普段のケアも心がけたいですね!

布団のカビ対策方法

布団の中はカビが生えやすい状態です。
実は寝ている間にもカビを吸い込んでいるんですね。

スポンサーリンク

これは肺炎の原因になることもあるんです。
カビを大量に吸いすぎてしまうとアレルギーになることもあるんです。

対策方法としては
・布団をよく乾燥させる
・布団を掃除機でしっかり吸う
のが重要です。
布団乾燥機があると梅雨の季節は便利でいいですね!

ためしてガッテンダニ完全撲滅術!高温乾燥&掃除機のかけ方など大公開!

クローゼットのカビ対策方法は?

1、衣類を詰め込みすぎない
2、外出する時などはクローゼットの扉を開け通気性をよくしておく。

のが重要です。
長期間保存するときはクリーニングのカバーは外して収納するようにしましょう!

布団のダニ対策方法!

家庭に最も多いチリダニの大きさは0.3㎜、フンの大きさは0.01~0.04㎜です。
何も対策をしなければ繁殖力が強いため500倍にも増えてしまうんです!怖いですね~

掃除機で布団のダニは吸い取れているか心配ですよね。
掃除機では全部は吸い取ることができないんです。

対策としては枕にタオルを巻くのがおすすめです。
使った後タオルを洗って干せばダニは死滅します。

布団を干すには3時間おきに裏返すと効果があるそうですが、布団乾燥機で一気に高温で温めるか車の中で高温で干すほうが効果があります。
またコインランドリーの布団乾燥機もおすすめです。
しっかり高温でやっつけたいですね!

ためしてガッテンダニ完全撲滅術!高温乾燥&掃除機のかけ方など大公開!

洗濯でダニを落とす方法!

洗濯ではダニはすべて洗い落とすことはできません。
洗濯機に入れる量が多いと水流が行き届かずダニがしっかり落ちません。
たくさんお水で流せば落ちるので、あまり詰め込みすぎるのはよくないですね!

シーツや枕カバーは1週間に最低1回洗うのが大切です。

洗濯物のダニ防止方法!

絨毯の上で洗濯物をたたむとダニはもちろんつきます。
高いところをきれいに拭いてたたむのがベストです。
床でたたむ場合は新聞紙などをひいてたたむのがおすすめです。
たたんだら早いうちにしまうようにします。

ソファーはわらや布製品はNG!ビニールや革製品がおすすめです。

布団を収納するときは乾燥材を必ず入れます。
圧縮袋でもわずかな空気で生き残るので乾燥材が大切です。

完全になくすのはカビもダニも不可能なので、病気にならない程度までしっかり減らすことができるようにしたいですね!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

アドセンス

スポンサーリンク

関連コンテンツユニット

-掃除術, 林修の今でしょ!講座