LIFE.net

料理のコツ・レシピ・健康・ダイエットなど主婦目線の気になる情報発信サイト

あさイチ 子育て 病気対策法・健康

あさイチ子供の発達障害に効果的なほめるトレーニング法大公開!



12af3e3d219eedb9841a105ab2c45654_s
6月22日のNHKあさイチでは「子供の発達障害」が特集されました!
効果的なABAほめるトレーニングのやり方や、具体的な方法、症状など番組に内容をご紹介します。
今回もゲストは自身も発達障害と診断された栗原類さんと平岩幹男先生です。

スポンサーリンク

発達障害とは?

番組ではまずVTRで2歳になる男の子、星野さん一家の息子君はーくんが登場しました。
まだ意味のある言葉が一語もでておらず、絵本などを読み聞かせても見てくれない、目が合わないなど・・気になる点が多く発達障害ではないかという疑いがあるそうです。

昨年放送された第1回目では栗原類さんが自分も発達障害だと告白し、多くの反響を呼びました。
あさイチ夫の発達障害!栗原類も診断された特徴や対処法とは?

そもそも発達障害とは
・ASD(自閉症スペクトラム障害)
・ADHD(注意欠如・多動性障害)
・ADD(注意欠如障害)
・LD(学習障害)
の総称です。

栗原さんはADDと言われていたそうです。

子供の発達障害の症状とは?

子供の発達障害にはどんな症状があるかというと

・視線が合わない
・人に興味を持たない
・言葉の発達が遅い
・こだわりが強い

などです。

ですが今回アメリカで発表された方法によると症状がとてもよくなるということがわかったんです。
それは「ほめる」ということです。

発達障害が改善する!ほめるトレーニングとは?

1つ目のポイントは「すぐにほめる」こと。
秒速でほめることで何に対してほめられているのかがわかり、学習することが楽しく、正解するといいことがあると感じることができます。

2つ目は「手助けする」ということです。
指さしなどで手助けし、手助けなしでも正解できるまで繰り返します。

3つ目は「子供に主導権を渡さない」ということです。
子供が嫌がることをしているときは特に主導権を渡さず、できたらほめるようにします。
これができないと保育園や幼稚園、小学校などでチャイムが鳴っても席に着かない、集まってと言われても集まらないということにつながってしまうからです。

これらは「ABA」(応用行動分析)に基づいたトレーニングで、
行動+ほめる=行動が増える(できることが増える)
ということにつながっていきます。

できないままでほめることは決してせず、手助けをしてでもできるようになるまでやることが大切です。

実際に取り組んでみた結果は?

今回番組では冒頭に登場したはー君が実際にこのほめるトレーニングを行ってみました。
具体的にどんなことをしたかというと・・

・物の名前がわかる
・動作をまねする
・音声をまねする
・単語がいえる
・お話ができる

という流れでトレーニングをしていきました。

最初の成長段階の確認ではバナナやアンパンマンなどの名前を認識していることや、動作を真似することができることを確認し、
そこから2週間自宅でご両親によってトレーニングを行うことになりました。

2週間後物の名前の認識はとてもあがっていましたが、言葉を発するための口の動きの練習は嫌がってしまいそこが少し難航したようでした。
ですがその後、「う」「あ」「わ」が言えるようになったということで、ご両親は今後もがんばっていくとおっしゃっていました。

お父さんがお仕事から帰宅した後、毎晩1時間トレーニングを一緒にがんばっていて、とても素敵でした。
はー君もトレーニングをする前と比べ、明らかにできることが増えていたのもすごいですよね。

トレーニングをはじめて3年

今後お話ができる段階までできるようになったら、今度は
・日常生活の動作
・出来事を伝える
・友達と遊ぶ

もっと成長したら
・買い物スキル
・学校生活
という段階に進んでいきます。

番組ではトレーニングを始めて3年になる5歳の男の子、しょう君が登場しました。

2歳のころは「た」しか言うことができず、買い物に行くときには決まったルートでいかないと癇癪をおこしていたしょう君。
現在はABAの手法を使って日常生活の動作を学んでいます。
前や後ろ、横などの概念を学ぶことでお片付けの指示を理解できるようにしたり(机の上に置いて、など)
お母さんが写っている写真を使って、誰がどこで何をしているかを理解する学習をして幼稚園でその日あった出来事を家でお話しできるようになったり(誰が写っている?ここはどこ?何をしている?と順に聞いていく)

他にもかくれんぼやおままごとを一緒にして幼稚園で友達と遊べるように遊びのルールを学んでいきます。

今では劇的にできることが増え、成長したしょう君ですが、お母さんにとってここまでくることは簡単なことではなかったそうです。
時間の確保・モチベーションの維持がとても大変だったそうです。
それでもやはりお母さんを支えたのは少しずつでもしょう君の成長がみえたことがあったから、とおっしゃっていました。

栗原類さんも自分というよりも母親に苦労させてしまったと言っていました。
特に栗原さんは母子家庭だったこともあったそうで、お母さんは栗原さんをおばあちゃんに預けて自分の時間を確保し、その時に好きなことをしてモチベーションを保っていたそうです。
また「人生は徒競走ではなく長いマラソンなんだから、スタートダッシュで息切れするよりは長く続けることが重要だ
と栗原さんにも話しているそうです。

まさにこのトレーニングもその通りで、長く続けることが大切で、少しずつでも楽しく続けられることが大切ということでした。
毎日続けて30分行うことが難しければ、1分、2分のものを1日10回行うという形でもいいんです。

もっと大きなお子さんの場合は「お手伝い」が効果的ということでした。
2歳7か月のときに発達障害と診断されたひなた君も登場しました。
ひなた君は支援学級を進められたそうですが、初めから通常の小学校に通学しています。
お母さんは毎日ABAのサポーターの方からその日の学校の様子を教えてもらっているそうです。

今では1人でおつかいにもいけるようになったということです。
お手伝いなら手伝ってくれたらほめることができますし、今後の人生においても絶対に無駄にならないことですもんね。
将来自立して生きていくためにもとてもいいことだと思います。

子供が発達障害と診断されたとき、先が真っ暗になってしまうような衝撃をご両親は受けると思います。
ですがABAのような画期的なトレーニングの効果が認められるようになり、実際に効果が出ているお子さんがいるということはとてもよい励みになりますよね。
自治体でもABAの取り組みを行っているところも増えてきています。
毎日少しずつでもいいので、前を向いて進んでいけたらいいですよね。

スポンサーリンク

おすすめ関連記事

あさイチ夫の発達障害!栗原類も診断された特徴や対処法とは?

あさイチ夫の嘘&子供の注意すべき嘘対策方法!見抜き方も大公開!

あさイチ夫のモラハラ問題!チェック方法&子供の発達に影響することも!?

あさイチ子供のスマホ依存症問題!高校生のスマホ事情&注意点とは?

あさイチのキレる子供の対処法接し方&キレない子供にする育て方大公開!

あさイチで紹介された子供の食卓を育てる苦手克服方法大公開!

あさイチ脱ロコモ遊び方法&チェックリスト!子供ロコモティブ・シンドローム対策に

☆今回出演した平岩先生の著書はこちらです。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

アドセンス

スポンサーリンク

関連コンテンツユニット

-あさイチ, 子育て, 病気対策法・健康