LIFE.net

料理のコツ・レシピ・健康・ダイエットなど主婦目線の気になる情報発信サイト

あさイチのレシピ

あさイチタイ風生春巻き・マナオソーダ 氏家アマラー昭子レシピ

タイの生春巻き
8月1日のNHKあさイチ解決ゴハン!で放送された「本場の味タイ風生春巻き・マナオソーダ」のレシピをご紹介します(^^♪
教えてくださるのはタイ料理研究家の氏家アマラー昭子さんです。

スポンサーリンク

タイ風生春巻き

生春巻きっておいしいですよね!
今回はタイ風の具だくさんな一品です。

巻くのが難しいライスペーパーですが、上手に巻ける方法も紹介しているのでぜひチェックしてみてください。

材料 10本分

ライスペーパー 10枚分
えび(約7~8㎝) 5匹
サーモン(刺身用) 約100g
鶏むね肉 1/2枚
そうめん(ゆでておく) 50g
きゅうり(千切り) 1/2本分
赤ピーマン(千切り) 1個分
大葉 20枚
香菜 2ワ
細ねぎ(上半分を使用) 10本
スイートチリソース 大さじ6
酢 大さじ2

作り方

1、えびは殻をむき、塩とかたくりこ(分量外)でもみ、水で洗い縦半分に切る。
サーモンは1㎝角、長さ8㎝に切る。
鶏むね肉は5分間ほどゆで、冷めてから1㎝幅にさく。
細ねぎは先端を細い串などで十字にさき、氷水に入れ葉先を巻いた状態にする。

2、ライスペーパー1枚をぬるま湯にくぐらせ水にぬらした厚手の紙タオルにのせる。
その上にもう1枚水にぬらした紙タオルをのせる。
裏返して上の紙タオルをはがす。

3、えびの生春巻きを作る。
ライスペーパーの手前を3~4㎝内側に折る。
大葉2枚の葉先が少し重なるように並べておく。
さらにそうめん、きゅうり、赤ピーマン、鶏むね肉を置く。
奥から4㎝のところに半分に切ったえびを赤い色が下になるように置く。
ライスペーパーの両側を内側に折る。
香菜と細ねぎを置き、手前からしっかり巻く。

4、サーモンの生春巻きを作る。
ライスペーパーの手前を3~4㎝内側に折る。
大葉2枚の葉先が少し重なるように並べて置く。
さらにそうめん、きゅうり、赤ピーマン、鶏むね肉、サーモンを置く。
ライスペーパーの両側を内側に折る。
香菜と細ねぎを置き、手前からしっかり巻く。

5、スイートチリソースと酢を合わせてソースを作地、生春巻きにつけて食べる。
完成!

その他のおすすめ生春巻きレシピ

マナオソーダ

マナオとは?

「マナオ」ってちょっと聞きなれないですよね。
マナオとは果物の名前のことで、タイでとてもよく使われているポピュラーな柑橘類のことです。
タイのライムとも呼ばれていて、今回は代用品としてレモン汁が使われています。

つまりマナオソーダとはライムなどのさっぱりとした果汁のきいた炭酸水のこと。
暑い夏にぴったりですね!
日本では手に入りにくいと思うので、ライムやすだち、かぼすなどで代用してもおいしいと思います(*´ω`)

材料 1杯分

炭酸水 100ml
ガムシロップ 50ml
レモン汁 50ml
桃(くし形に切る) 1切れ
ミントの葉 適量

作り方

1、炭酸水、ガムシロップ、レモン汁を合わせる。

2、グラスに注ぎ、桃を飾り、ミントの葉をのせる。

スポンサーリンク

氏家アマラー昭子さんのその他のレシピ

氏家アマラー昭子とは?

氏家アマラー昭子さんはタイ料理の専門家で、日本エスニック協会のアンバサダーも務めています。
タイ・バンコクに2年滞在した経験をお持ちで、そのあとタイの宮廷料理レストランで修業を積まれたそうです。
あさイチでも毎回エスニックなお料理を紹介していますね(*´ω`)

~まとめ~

今回はエスニックな料理2品でした。
暑い夏にぴったりのレシピで早速作ってみたいと思います!

特に生春巻きは好みの具材で色々アレンジがあるので大好きで、常に常備してあります。
巻くのも楽しいので、お子さんと一緒にお手伝いがてらつくるのもよさそうですよね。

マナオソーダも初めて聞きましたが、スタバで今販売しているライムのリフレッシャーズを連想しました(*´ω`)
レモン果汁で代用OKなら簡単でいいですね。

タイには行ったことがないのでいつか行ってみたいな~!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

アドセンス

スポンサーリンク

関連コンテンツユニット

-あさイチのレシピ