LIFE.net

料理のコツ・レシピ・健康・ダイエットなど主婦目線の気になる情報発信サイト

きょうの料理

きょうの料理栗原はるみのフライパンチャーシュー・ひき肉とチンゲンサイのチャーハンレシピ

フライパンチャーシューレシピ

12月5日のNHKきょうの料理で放送された栗原はるみさんによるレシピ「フライパンチャーシュー・ひき肉とチンゲンサイのチャーハン」の作り方をご紹介します!
フライパンで出来るチャーシューはは、オーブンを使わないのでとても簡単に出来ます。
チャーハンはパラパラに仕上げるコツも。特製香味じょうゆも参考になります。

スポンサーリンク

フライパンチャーシュー

材料 作りやすい分量

豚肩ロース肉(塊) 300g
塩 小さじ1/2

サラダ油 少々
しょうが 1かけ
にんにく 1かけ

タレ

しょうゆ 大さじ1
紹興酒(または酒) 小さじ1
砂糖 大さじ1
オイスターソース 大さじ1/2
八角(お好みで) 1/2個
シナモンスティック(お好みで) 1/2本

作り方

1、豚肉の塊肉の両面に塩をもみこみ、10分間置き余分な水分を抜く。

2、タレを作る。
しょうゆ、紹興酒、砂糖、オイスターソースを混ぜ合わせ、八角とシナモンスティックを加える。
☆八角とシナモンスティックで本格的な味に!

3、1の豚肉をキッチンペーパーで水分をよくふきとる。
フライパンにサラダ油を熱し、しょうがとにんにくを入れ香りを出す。
豚肉を入れ焼き目を付けていく。
☆お肉が立つように幅の狭い面から焼いていく。
☆フライパンは少し深めが焼きやすい。

4、側面→表面→裏面と全体にしっかりと焼き色を付ける。

5、焼き色が付いたら火を弱め、蓋をして8~10分間八分通り火が通ったら取り出す。
フライパンに残った脂はペーパーでふき取る。
少し脂が残ってもOK!

6、合わせておいたタレを加え、中火にかけひと煮立ちさせ少し煮詰める。
取り出したお肉を戻し、たれを全体に絡めながら3~5分間焼く。

7、完成です。
フライパンに残ったタレはとっておきます。

粗熱が取れたら薄く切ります。
このとき、断面が大きくなるように切り、ふんわりと盛り付けるとごちそうの雰囲気になります。

ひき肉とチンゲンサイのチャーハン

材料 2人分

さやいんげん 80g
チンゲンサイ 1株(80g)
ねぎ 1/2本
卵 2個
塩・こしょう 各少々
サラダ油 大さじ2

スポンサーリンク

豚ひき肉 100g
サラダ油 大さじ1+大さじ1(ひき肉を炒める用+野菜を炒める用)

ご飯(温かいもの) 350g

香味醤油 大さじ1
ナムプラー 大さじ1/2

香味醤油

しょうゆ カップ1
にんにく(薄切り) 2~3かけ分
しょうが(薄切り) 1かけ分
☆保存瓶に入れて冷蔵庫で数時間~1晩おく

作り方

1、チンゲン菜・ねぎ・さやいんげんはざく切りにする。
☆野菜は大きめに切って食感良く!

2、卵をボウルに割り入れ溶きほぐし、塩コショウを加える。

3、フライパンにサラダ油をしっかりと熱し、2の卵を流し入れ木べらでかき混ぜながら半熟状に炒めて取り出す。

4、フライパンにサラダ油を熱し、今度は豚ひき肉を炒める。
好みで塩こしょうを加える。

5、ねぎを加えて炒め、ご飯を加え炒める。
フリップ(フライパンをふって具材をひっくり返すこと)を続ける。

6、卵を加え、フリップで混ぜる。

7、しょうゆとナムプラーを加え炒め合わせる。

8、別のフライパンにサラダ油大さじ1を熱し、チンゲン菜といんげんを炒めていく。
(さやいんげんはゆでてもOK)
塩こしょうを少々ふり、7のフライパンに加える。
☆野菜は水気が出るので別で炒める。

9、フリップをしてよく混ざったら完成です。

まとめ

どちらもフライパンで出来るメニューでとってもおいしそうでした!
年末用にチャーシューはたくさんつくってもいいですね(*´ω`)

その他の栗原はるみさんのレシピ一覧

その他の栗原はるみさんのレシピはブログカテゴリーの「栗原はるみ」から一覧でご覧になれます。
是非合わせてご覧ください(´▽`)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

アドセンス

スポンサーリンク

関連コンテンツユニット

-きょうの料理