LIFE

料理のコツ・レシピ・健康・ダイエットなど主婦目線の気になる情報発信サイト

ためしてガッテン 病気対策法・健康 美容

ガッテンのピーナッツレシピ5品!ピーナッツペースト&万能だれの作り方も!

ピーナッツの効果
1月11日のNHKためしてガッテンで放送された「ピーナッツ」の健康効果とレシピをまとめてみました!
万能のピーナッツペーストとピーナッツだれの作り方、それを使ったお味噌汁らっか汁、タンタンうどん、ピーナッツチョコレートの作り方をご紹介します。
血管を強くする効果があるピーナッツにはコレステロール値を下げたり、糖尿病に効果があるなどその健康効果もあわせてご紹介します。

スポンサーリンク

ピーナッツの健康効果とは?

ハーバード大学が30年かけて12万人を追跡したところ、ピーナッツを食べている人の死亡率は2割も低いことがわかったそうです。
毎日食べている人ほど低くなるんだそうです。

ピーナッツはその半分が油分で出来ています。
この油がポイントで、飽和脂肪酸と不和脂肪酸のバランスが理想的で、悪玉コレステロールを減らしたり、血管を作り血管を強くする効果があります。

1日20粒が目安です。
ただしカロリーは20粒で150kcal程度なので他のおやつを控えるなど工夫したいですね。
おすすめは肉や炭水化物を少しだけピーナッツに置き換えることです。

では具体的にどんなおいしい食べ方があるかご紹介します!

香り抜群の炒りピーナッツの作り方

ピーナッツにしかない香り成分とは?

ピーナッツは炒るととてもいい香りがしますよね。
実はピーナッツにしか含まれていない香り成分がいくつかあり、

・2-メチル-3-フランチオール
・2-アセチル-1-ピロリン
・2-プロピオニル-1-ピロリン
というナッツの甘い香りやお肉が焼けるようないい香りがします。

販売されているものは炒られているものが多いですが、再度買ってきた後自宅で炒るととてもいい香りが復活します。

作り方

フライパンで中火で焦げ目と照りが出るまで約3分炒ります。
少し覚めると甘みと食感がよりアップしてとてもおいしくなります。

ピーナッツペーストの作り方

1、ピーナッツをフードプロセッサーで3分撹拌し砕く。
薄皮つきのまま行います。
ない場合はすり鉢でもOKです。

らっか汁

ピーナッツを使ったお味噌汁です。毎日の食卓に取り入れやすいですね!

材料 2人分

ピーナッツバター 40g
味噌 30g
水 400ml
お好みの具材

作り方

1、鍋に水を入れ味噌とピーナッツバターを合わせ溶き入れる。

2、火にかけてそこに具材を加える。

タンタンうどん

材料 2人分

うどん 2玉
ネギ 80g
ピーナッツペースト 50g
砂糖 小さじ1
しょうゆ 大さじ2
豆乳 100ml
ラーユ お好みで

スポンサーリンク

作り方

1、ピーナッツペーストに砂糖、しょうゆ、豆乳を混ぜ合わせる。

2、うどんとねぎを沸騰したお湯でゆでる。

3、ゆであがった2をザルにあけ、1をかけ、お好みでラーユをかけて完成です。

ピーナッツだれ

甘めの万能だれになります。サラダやごはん、お豆腐にかけてもおいしく食べられます。

材料

荒く砕いたピーナッツ 60g
砂糖 20g
しょうゆ 大さじ1
酢(煮切る) 大さじ2

作り方

1、フードプロセッサーで粗目にピーナッツを砕く。

2、材料を全て混ぜ合わせて完成です。

ピーナッツチョコレート

1、ピーナッツを真っ黒になるまで炒ったらすりつぶす。
2、砂糖と生クリームを加えて冷蔵庫で4時間冷やす。

まとめ

カロリーが高いイメージと、子供がまだ小さいのでピーナッツは最近とんと食べていませんでしたがこんなにも体にいい効果があるのであればたまに少しずつつまんで食べたいなぁと思いました。
喫茶店などでおつまみ(おやつ)としてピーナッツが入った小袋がついてくることがありますが、健康のために進んで食べたいおやつだったんですね。

手に入りやすい食材でもありますし、料理にも使えるのでアレルギーがない方は是非日ごろの食生活に取り入れてみてくださいね!

おすすめ関連記事

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

アドセンス

スポンサーリンク

関連コンテンツユニット

-ためしてガッテン, 病気対策法・健康, 美容