LIFE

料理のコツ・レシピ・健康・ダイエットなど主婦目線の気になる情報発信サイト

NHKあさイチ お役立ち情報 お金・節約術 ニュース

デジタル遺品で起こるトラブル&確認方法!残された家族に迷惑をかけないために出来ること

デジタル遺品のトラブル、管理方法

1月18日のNHKあさイチで放送された「デジタル遺品」について、デジタル遺品とはなにか、残された家族に与える影響や残された家族が出来る管理方法、ネット銀行やネット証券会社の確認方法、ブログやSNSの管理方法などをまとめてみました!
ネット社会だからこそきちんと家族で話し合い管理しておきたいデジタルのものにはどんなものがあるのか、いつ何が起こるかわからなので家族で話し合っておきたいテーマです。

スポンサーリンク

デジタル遺品とは?

デジタル遺品とは、
・パソコンや携帯電話のデータ
・FX取引
・ネット銀行の口座
・ブログ
・SNSなどのコミュニケーション履歴

など様々なものがあります。

実は亡くなってからトラブルになることも少なくないんです。

・パスワードがわからなくてパソコンが開けない
・家族が知らなかったFXで発生した負債の請求が見つかる

などのケースもあるそうです。

FX取引のケース、確認方法

特にFX取引で負債を抱えてしまったご家族の例が紹介されましたがそもそも亡くなった夫がFX取引をしていたことを知らず、夫が亡くなった後放置していたために負債が膨らみ、夫のパソコンにメールが来ていたためそれにも気づかず結果支払い義務があるので1500万円もの損失を残された家族が支払うことになったそうです。

こういったケースを防ぐには
・亡くなった後残された家族が取引をすぐに中止する。
・そもそも取引をしているかわからない場合はネット証券の口座の有無を確認する。

ということが大切です。

確認する方法は
1、口座開設の際の書類を探す。
2、コールセンターに連絡を取り確認する。

大手のところに片っ端からかけてみるのがおすすめです。

もし口座の有無がわかったら、口座凍結までにわかってから約4か月がかかるそうです。
なぜかというと、戸籍謄本や実印、相続人全員の印鑑証明書などが必要になりそれに時間がかかるケースがあるからということでした。
その間も取引は続いてしまうので、もし家族に内緒で取引をしているようなことがあればもしもの時に本当に大変ですよね。

一度家族できちんとこういった取引があるのか確認して、もしもの時のことも確認しておく必要がありますね。

もし自分がやっている、という人の場合は、せめて
・口座番号
・会社の名前(証券会社の名前)
・ID

は残された家族にわかる場所に残しておく必要があります。

内緒でやりたい・・・という方もいるかもしれませんが、家族に迷惑がかかる可能性もあるのでそこはきちんと話し合っておくことが大切ですね。

ネット銀行の口座管理方法

またネット銀行にお金を預けている人も多いですよね。
基本的には口座名義人が亡くなった後も本人や相続人から問い合わせがない限り、銀行から何かアクションを取ってくれるということはないんだそうです。
何年放置していても銀行に預金や資産が吸収されてしまうということはないそうですが、その存在すら知らなければそのまますぎていってしまうことも考えられますよね。
ただし法律が変わり、ネット銀行以外のすべての銀行も含め、10年を経過すると銀行から「預金保険機構」というところにお金が預けなおされます。

この場合も預かっている場所が変わるだけで、相続人が「返してほしい」といえばきちんと返してくれます。

スポンサーリンク

ですがそもそもネット銀行の口座の有無がわからない、という場合には
・キャッシュカードを探す。
・口座開設時の書類を探す。
・コールセンターに連絡する。

という方法でわかる場合があります。

一番は取引をしている銀行名やアカウント、パスワードなどをメモして家族で保管場所を共有しておくのがいいですね。

ブログのトラブル

亡くなった方がやっていたブログの管理も大切になります。
そのままにしておくとIDやパスワードを乗っ取られ、不正広告を掲載されそこから他の人の個人情報が漏えいしたりする危険性もあるんです。

コメント欄が解放されているブログなどは特にコメント欄に不正URLが貼られてしまう危険性もあるので注意が必要です。
管理人本人が生きている間は怪しい書き込みがあっても管理人自身が削除することが出来ますが、管理人が亡くなってしまい放置されていると難しいですよね。

対策としては
・ブログ自体を管理会社に削除依頼する。
・残しておきたい場合は運営会社に連絡をし、遺族が管理を引き継ぎ管理していく。
などの方法があります。

家族がブログをやっているかどうかすらわからない場合もあると思うので、やっている側が残された家族にわかるようにきちんを書き残してわかるようにしておくことが大切ですね。

SNS

SNSの場合、管理会社に申請をすれば遺族が管理することが出来ます。
もちろん削除したい場合は削除することも可能です。

実名でやっている場合は検索すればわかりますが、趣味のアカウントなどで実名ではない場合は見つけにくいかもしれませんね。

故人のデータ取り出し

他にもパソコンやスマホ、携帯電話などの中に残ったデータを取り出したいというケースもありますよね。
パスワードがかかっていても、専門の場所に出せばパスワードを解除してデータを取り出してもらうことが可能です。

ちなみにデータ取り出しには20万円ほどかかるそうですが、お願いするご家族はいるそうです。
もしもの時はこういった手もあることを覚えておきたいですね。

まとめ

デジタル遺品はネット社会になった今、大きなテーマの1つですよね。
特にスマホやパソコンなどで様々な取引や表現、コミュニケーションを取るようになった現代では、自分が消えた後のこともきちんと考えておくことが必要だと思いました。
いつ何時何が起こるか本当にわかりませんし、若くてもきちんと残された家族のために情報を残しておくことは大切ですね。

是非一度家族で話し合っておきたいですね!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

アドセンス

スポンサーリンク

関連コンテンツユニット

-NHKあさイチ, お役立ち情報, お金・節約術, ニュース