LIFE.net

料理のコツ・レシピ・健康・ダイエットなど主婦目線の気になる情報発信サイト

ためしてガッテン 病気対策法・健康 美容

ガッテン冷え性改善の血管のばしのやり方!危険な冷え性がわかる血圧の調べ方も!

52285decf2419cb6694eff14b6c08fce_s
2月8日のNHKガッテンで放送された「冷え性改善・血管のばしのやり方」をまとめてみました!
血圧でわかる危険な脳こうそくの調べ方、太もも、ふくらはぎ、ひざの血管を伸ばし全身の血流をアップさせることの出来るストレッチ法です。
血管も若返り、アンチエイジングにも効果があります!

スポンサーリンク

脳こうそくを引き起こす危険な冷え性とは?

危険な冷え性は血圧計を使うと調べることができます。
一度血圧を測った後、一度立ち上がり、その後再度座って計測します。
この時気にするのは上の数値だけで大丈夫です。

プラスマイナス15以上の値だった人は要注意です。
15を超える場合は病院に行ってみてもらった方がいいレベルなんだそうです。
(循環器内科が受診します)

そういう方の1日の血圧を測ってみたところ、軽い運動をしたときに劇的に血圧が上がっていることが分かりました。
正常な人でももともと1日の中で変動があるものですが、正常な人の場合は一定の範囲で収まっています。
これは「変動型の高血圧」と呼ばれるものです。

冷え性の場合、冷え性がない人よりも血圧変動している人が3倍も多いという結果になっていることが調査でわかったそうです。
冷え性場自律神経が乱れている場合と血管が硬くなっている場合があります。
血管が硬くなっている場合、脳こうそくになる危険性などもあるので要注意ということなんですね。

特に50歳以上の方の冷え性には血管の障害が隠れている可能性が高いんだそうです。
年齢を重ねてから冷え性に悩んでいる方は血圧を一度測ってみた方がいいかもしれません。

血管伸ばしのやり方

血管の伸びるストレッチです。

太ももの血管を伸ばすストレッチ

太ももの大腿動脈を伸ばすストレッチです。

1、正座で座り、膝より前に手をつく。

2、左足をそのまま後ろに伸ばす。腰を曲げずにそらす。
そうすることで足の付け根が伸びます。
呼吸を止めないのがポイントです。
逆も同じように行います。

もう1つの方法が、
1、仰向けの状態から片方の足を胸に引き寄せ伸ばす。
という方法です。

すねとお尻の血管を伸ばすストレッチ

1、正座の状態から片方の足を伸ばし反対のかかとをおしりにつけて伸ばす。
すねとお尻の血管を伸ばすことができます。

ふくらはぎの血管を伸ばすストレッチ

1、右足を立てて、両手をひざの上に置き、反対の足を軽く横に開く。

スポンサーリンク

2、立てた膝の上に重心を乗せるようにしてストレッチする。
かかとを浮かせないようにするのがポイントです。
体重をかけすぎると痛みが出る場合はあるので注意してください。

反対も同じように行います。

膝裏の血管を伸ばすストレッチ

1、立ち上がった状態で片足を前に伸ばし、その足の膝の上に両手を置く。
反対の足を少し曲げながら腰を後ろに引く。
ひざの裏の動脈を伸ばします。

反対も同様に行います。

足の血行が良くなることで全身の血行がよくなる効果があります。
毎日継続して続けることがとても大切です。
それぞれ30秒ずつしっかり伸ばしてください。

+運動も大切!

他にもジョギングやウォーキング、ランニング、自転車、水泳などの有酸素運動も冷え性改善と血管をやわらかくするのに効果があります。
運動不足気味の人は合わせて行うといいですね!

まとめ

冷え性の改善方法には色々なものがありますが、このストレッチも簡単でいいですね!
お風呂上りなどにできそうです。

血圧も気になる方は是非病院やご自宅にある場合は測ってみてくださいね。

おすすめ関連記事

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

アドセンス

スポンサーリンク

関連コンテンツユニット

-ためしてガッテン, 病気対策法・健康, 美容