LIFE

料理のコツ・レシピ・健康・ダイエットなど主婦目線の気になる情報発信サイト

ジョブチューン レシピ 病気対策法・健康

ジョブチューンみかんの皮の漢方陳皮の作り方!がん予防に効果的!

がん予防になるみかんの皮の漢方の作り方
2月11日のジョブチューンで放送された「がん予防になるみかんの皮で作る漢方 陳皮の作り方」をまとめてみました!
毎日1~2個みかんを食べるだけでもがんになるリスクが激減するそうですが、残った皮も漢方にすることで有効的に使うことができます。

スポンサーリンク

みかんはがん予防に効果的!

がんの原因となるのは「活性酵素」です。
活性酵素を抑える効果はベータカロテンなどにありますが、それ以上に効果が高い成分が「β-クリプトキサンチン」という成分です。

この摂取量が多い人はがんの発症リスクが
肺がん・・・約6割減少
子宮頸がん・・・約6割減
食道がん・・・約8割減
下がることが分かっています。

この「β-クリプトキサンチン」が多く含まれている食べ物が「みかん」です。
オレンジと比べても温州ミカンの方が約60倍も多く含まれています。

大腸がんになりにくい都道府県第1位もみかんの生産地として有名な愛媛県ということもわかっています。

1日1~2個でその効果を得ることができます。
ですが普通に食べるよりもみかんの外側の皮を食べるとより効果があるんです。

皮には多くこの成分が含まれているうえに、発がん性物質を抑えるリモネンが豊富に含まれています。

ですがみかんの皮って正直そのままでは食べにくいですよね。

そこでおすすめの食べ方が乾燥させた「陳皮」にする方法です。

みかんの皮の陳皮の作り方

みかんの皮は漢方でも「陳皮」と呼ばれていて、しっかり乾燥させ成分を凝縮させたものが使われています。

この陳皮は1日にスプーン1杯程度でOKです。

この量を紅茶やヨーグルト、みそ汁の中に入れて食べると食べやすくなります。

陳皮は手作りもできますが、実際に市販もされているので市販のものでもいいですね。
ですが今回は手作りできる方法をご紹介します!

作り方

1、約80度のお湯に皮を3分間漬ける。

2、ざるにあけ、皮を流水で洗い、キッチンペーパーでしっかりと水気を取る。

3、風通しのよい場所に置き、カリカリになるまで天日干しにしたら完成です。
カリカリになったら麺棒で上からたたき、細かく砕いて密閉袋などに保管してください。

がん予防には「笑い」も大切!

他にもがん患者さんに面白い漫才を3時間見せたところ、がん細胞を抑制する免疫が活性化したというデータもあるそうです。

作り笑いでもいいので、毎日数回大きく笑顔で笑うことがいいということでした。
簡単な方法でいいですね。

まとめ

みかんの皮は調味料としても使えそうですね。
がん予防にもなって、みかんを丸ごと食べられゴミも出ないなんてすごいいいことだと思いました。

スポンサーリンク

是非作ってみてくださいね!

おすすめ関連記事

☆みかんの皮を入れて作ることもできます。

☆市販の陳皮はこちらです。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

アドセンス

スポンサーリンク

関連コンテンツユニット

-ジョブチューン, レシピ, 病気対策法・健康