LIFE.net

料理のコツ・レシピ・健康・ダイエットなど主婦目線の気になる情報発信サイト

あさイチのレシピ 料理のコツ&技

あさイチ氷こんにゃくの作り方!ホイコーロー(コンニャーロー)のレシピも!

こんにゃくの下ごしらえの仕方
2月27日のNHKあさイチで放送された「氷こんにゃくの作り方・ホイコーロー(コンニャーロー)のレシピ」と「こんにゃくの食物繊維の効果・カロリーについて」をまとめてみました!
煮物や炒め物、揚げ物にも使える味がよくしみ込む下ごしらえの仕方をご紹介します。

スポンサーリンク

こんにゃくの食物繊維量の効果は?

こんにゃくは寒天よりも多くの食物繊維が含まれています。

「グルコマンナン」というものがこんにゃくの食物繊維ですが、原料となるこんにゃく芋がグルコマンナンとでんぷんで出来ているんです。
そこからでんぷん質を取り除いて作られます。

もともとは水溶性の食物繊維ですが凝固剤を加えることで不溶性の食物繊維に変化します。
そのため便秘解消・デトックス効果・満腹感を得るのにとても効果的です。

こんにゃくのカロリーは?

またカロリーも100g中5kcal低いのでダイエットに最適といわれるんですね。

氷こんにゃくの作り方

1、料理の用途に合わせて切る。

2、保存容器に入れて冷凍庫に入れて凍らせる。

3、使う時に熱湯をかけて使います。
とっても簡単ですよね!

氷こんにゃくのホイコーロー コンニャーロー

お肉の代わりに使えるのでホイコーローに使うこともできます。
1人前274kcalと、お肉で作るときより500kcalくらいカロリーダウンできます。

材料 2人分

ネギ
にんにく
氷こんにゃく
キャベツ
にんじん
ピーマン

合わせ調味料

テンメンジャン 大さじ1
しょうゆ 大さじ1/2
酒 大さじ1/2

作り方

1、フライパンで斜め切りにしたねぎとにんにくを炒める。

2、お湯で戻した氷こんにゃくを加えて1分間炒める。

3、ざく切りにしたキャベツ、長方形に薄く切ったにんじん、縦に切ったピーマンを加えて炒める。

4、合わせ調味料を加えてさらに炒め合わせたら完成です。

凍みこんにゃくとは?

凍みこんにゃくは1日3回水をかけて夜間に凍らせて作られています。
それを1週間繰り返すことで独特の食感が生まれるんです。

最後は室内で3~4日間かけて陰干しされるため、なんと50年も保存が効く保存食になるそうです!!
素晴らしいですね。

おすすめの食べ方は?

おすすめの食べ方は「煮しめ」
味がとてもよくしみこむのでとてもおいしい煮しめになります。

他にもフライにするのもおいしいそうです。

家庭で作る氷こんにゃくはこれを真似した感じですね。
保存食として買い置きしておくのにはとてもいいと思いました。

まとめ

私もこんにゃくは大好きで毎日欠かさず食べています!
特に糸こんにゃくが好きで業務用をまとめ買いするくらい好きなのですが、氷こんにゃくも好きでよく作ります。
凍らせるだけでいいので簡単ですし、まとめ買いして冷凍庫にストックしておくと便利ですよね。

スポンサーリンク

そのままよりも何回も噛むようになるので満腹感も得られやすいですし、こんにゃくが苦手な人でも食べやすくなるのでおすすめです。

独特のくさみがあると苦手な人は食べられないこともあるので、是非下ごしらえをしっかりしておいしい料理に変身させたいですね!
是非やってみてくださいね。

おすすめ関連記事

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

アドセンス

スポンサーリンク

関連コンテンツユニット

-あさイチのレシピ, 料理のコツ&技