LIFE.net

料理のコツ・レシピ・健康・ダイエットなど主婦目線の気になる情報発信サイト

美容

ぽっちゃりママのダイエット奮闘記!糖質食べてもOKダイエットのやり方!

2017/03/09

糖質食べてもOKダイエットのやり方
3月8日のぽっちゃりママのダイエット奮闘記で放送された「糖質食べてもOKダイエット」のやり方をまとめてみました!
ダイエット中は控えがちになる人も多いであろう炭水化物、「糖質」ですが、効果的に食生活に摂りいれることで食べても減量することが可能な食材でもあります。
糖質制限ダイエットではなく、炭水化物が好きでやめられない人にもおすすめの方法です。

スポンサーリンク

糖質食べてもOKダイエットとは?

その名の通りダイエットの大敵とされることも多い「糖質」を食べても大丈夫、というダイエット法です。

糖質=炭水化物と思っている方も多いと思いますが、ご飯(お米)やパン、麺類やお砂糖などの炭水化物に多く含まれています。

昨今話題になっていて、取り組んでいる方も多い「糖質制限ダイエット」はこの糖質を制限することで無理なく総摂取エネルギー量を抑えてダイエットするというものですが、メリットのほかにもちろんデメリットもあり意見が分かれるところでもありますよね。

確かに糖質の摂りすぎは糖尿病につながる危険性もあるなど、決していいものではありませんが人間のエネルギーになる部分なので正しい量を適切に摂れば決して悪者ではない栄養素です。

病院などでもらう栄養管理表や妊娠中の栄養管理表などにも必ず摂取するものとして栄養のピラミッド表の一番下に位置付けられていますし、筋トレ後にたんぱく質と合わせて摂ることで糖質がない時よりも筋肉量がアップするということもわかっています。

※NHKためしてガッテンで紹介されていました。

適度は糖質はダイエットに欠かせない「筋肉」を増やすためにとても大切な栄養ですし、筋肉が増えれば代謝もアップして痩せやすい体を作ることができます。

またお米などは便のかさましにも効果的で、便秘解消に効果があるというメリットもあります。
正しく摂れば決して太る栄養ではないんですね。

おすすめのやり方

1回の糖質の目安

1回の食事での糖質の目安はごはんお茶碗1杯分(約150g)です。
きちんと1人分食べることができるので、満足感も高まりますね。

とはえい、糖質は血糖値を上げる一番のもとでもあるので、食べ方に注意する必要があります。

・糖質(ご飯や麺類)などを摂る前に野菜や汁物(野菜の具沢山味噌汁やスープなど)、おかずなどを先に食べてご飯は一番最後に食べる。

・筋肉を増やすためには筋トレした後なるべく早い時間にたんぱく質+糖質を摂取する。
詳しいやり方はこちらを参考にしてください。

・血糖値が気になる人は食前にりんご酢やお酢を飲む。

あとは寝る直前に大量の糖質を摂ってしまうと良質な睡眠が得られなくなってしまうので、寝る3時間前くらいまでには食事を終えておくことも大切です。

私は以前境界型糖尿病と診断されたことがあり、現在は完治していますがその時病院で言われたことは
・白米より玄米や雑穀入りのご飯がおすすめ
・麺類よりはお米がおすすめ
・甘い飲み物は摂らない
・果物は適量であればOK (りんごなら1日1個など、人によって適量は変わってきます)
・甘いお菓子は食べない (今はおやつにトマト寒天やおやつこんぶ、チーズ、ナッツなどを食べています)

などです。
糖質のとり方も意識するだけでだいぶ違うので、是非意識してみてください。

おすすめの食べ物

トレーナーの森さんがおすすめしていたのが「カツオ」です。
良質なたんぱく質が多く含まれているのでとてもいいんだとか。

カツオのたたきとかにしてもいいですね!

避けるべき食べ物

避けるべき食べ物は
・ドレッシング
・マヨネーズ
・チョコレート
・チーズ
・バター
・ソーセージ
・サーロインステーキ
・ドーナツなどのスイーツ(糖質と脂質が一緒になっているようなもの)

などです。
これらは脂質が多く含まれるので余ったエネルギーが脂肪になってしまいます。
そのためこのダイエット法では避けるべき食材になっています。

是非注意してみてくださいね。

しっかり運動で消費する!

糖質はただ食べてもいいというわけではなく、運動して筋肉を増やすためのエネルギーとして摂取します。
そのため食べたらきちんと消費することが大切です!

食べてぐーたらしないように、運動を心掛けてくださいね。

トレーニング方法

トレーニング方法は2つです。

スポンサーリンク

・壁に手をつき、20秒出来る限り早くもも上げ、10秒休憩を4セット
この運動は食事前に行います。そうすることで摂取した糖質が脂肪に変わりにくくなります!

・1日1時間のウォーキング
1日トータルで1時間でOKで、通勤時間などを入れても大丈夫です。

是非やってみてくださいね!

まとめ

私もお米は大好きで、糖質制限ダイエットがはやっているときも辞めたくないのでお米は3食やめませんでした。
血糖値で引っかかったときはむしろあまり食べていなくて、栄養士さんに「もっと食べてください」と言われ、食事を見直して結果よくなって筋肉量も増え体脂肪率が減ったのでダイエットにおいても過度に糖質を制限する必要ってないんじゃないかなぁと感じています。
(引き締まった分体重は増えましたが健康診断の結果は軒並みよくなりました)

もちろん摂りすぎはよくないので、糖質オフのおかずのレシピなどは参考になりますけどね。

毎日3食お米、おかず、汁物などを食べても太る人は量が多すぎるか運動が足りていない、食事の内容がなくないなど炭水化物をなくす前に見直すべき点がある気がします。

是非毎日糖質も摂りたい!という方は食事の見直しがおすすめです(´▽`)

今回のトレーナー森さんの本がこちらです!

おすすめ関連記事


★お米が好きな人におすすめの本がこの「お腹からやせる食べかた」です!
私も持っていますが、お米・おかず・みそ汁の献立を推奨していてお米を多めに食べる、けど痩せる、というものです。
日本ならではの食生活を見直すこともでき、どんな割合で食べたらいいのかという点にも触れているので参考になります。
小麦は推奨されていないので麺類は避けた方がいい、という方法ですが、お米が好きな人には本当におすすめの方法です。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

アドセンス

スポンサーリンク

関連コンテンツユニット

-美容