LIFE

料理のコツ・レシピ・健康・ダイエットなど主婦目線の気になる情報発信サイト

男子ごはん

男子ごはんの手打ちパスタ・ボロネーゼソースの作り方レシピ!

男子ごはんの手打ちパスタ&ボロネーゼレシピ
3月12日の男子ごはんで放送された「手打ちパスタ」と「ボロネーゼソース」の作り方をまとめてみました!
自宅でも簡単にデュラム・セモリナ粉と薄力粉を使って手打ちパスタが作れるレシピで、コクのあるボロネーゼパスタのソースの作り方も必見です。

スポンサーリンク

手打ちパスタ

材料

薄力粉 100g
デュラムセモリナ粉 200g
(イタリアでは乾燥パスタを作るときにはこのセモリナ粉を使うことが法律で決められているそうです!)
塩 小さじ1/2
卵 3個
オリーブオイル 大さじ1と1/2
打ち粉(デュラムセモリナ粉) 適量

作り方

1、ボウルにセモリナ粉、薄力粉を入れて軽く混ぜ合わせる。
さらに塩を入れて混ぜて、真ん中を少しくぼませ卵、オリーブオイル、水を加えて菜箸でざっと混ぜる。

水分が粉とよくなじんできたら打ち粉をした調理台の上にあけて、手でよくこねる。

2、生地がなめらかになってきたら打ち粉をしたボウルに入れて、ラップをして約30分間ねかせる。

3、パスタマシーンのローラーに打ち粉をふる。
2の寝かせた生地を4等分にして、手でパスタマシーンの幅に合わせて楕円に、細長く平らに伸ばして打ち粉をふる。
その後5㎜厚さのローラーにかけてから、4㎜幅のローラーにかけて麺状に伸ばす。
ローラーにかけるたびに生地に打ち粉をふると上手に出来ます。

4、ゆで時間は2分です。

ボロネーゼソース

材料 2人分

合いびき肉 300g
マッシュルーム 1パック
玉ねぎ 1/2個
にんにく(みじん切りにしたもの) 1かけ
赤唐辛子 1本
ローリエ 1枚
ローズマリー 1本
タイム 1本

スポンサーリンク

<A>
ホールトマト 1缶
赤ワイン 100㏄

塩・オリーブオイル・黒コショウ 各適量
パルミジャーノ・レジャーノ・イタリアンパセリ(みじん切り) 各適量

作り方

1、マッシュルームは縦薄切りにする。
玉ねぎはみじん切りにして、赤唐辛子はヘタと種を取り除いてから手でちぎる。

2、フライパンを熱してオリーブオイル大さじ2を入れ、みじん切りにしたにんにくを中火で炒める。
香りが立ってきたらひき肉を加えてほぐしながら炒める。
肉に火が通ったら玉ねぎを加えて炒め合わせる。

3、タマネギがしんなりしてきたら、赤唐辛子、ハーブ各種を加えて炒め、Aのホールトマトと赤ワインを加えて混ぜながら中火で7分間ほど煮る。
その後塩小さじ1、黒こしょう適量、マッシュルームを加えてひと煮する。
マッシュルームがしんなりしたら味をみて、足りないようであれば塩、黒こしょうで味を調える。

4、鍋にお湯を沸かし、塩とオリーブオイル各適量を加えて手打ちパスタの麺を2分間ゆでる。
ゆで上がったらゆで汁をよく切って、麺を器に盛り付ける。
ボロネーゼソースをかけ、パセリをふる。
最後にパルミジャーノ・レジャーノをたっぷり削ってかけたら完成です。

まとめ

パスタが手作り出来たら楽しそうですね!
小さいころ父と一緒にパンをよく手作りした記憶があって、とてもいい思い出なので子供にお手伝いしてもらって一緒に作るのもよさそうだなと思いました。

ボロネーゼソースもまとめて作って冷凍しておいてもいいですね!
是非作ってみてくださいね(´▽`)

おすすめ関連記事

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

アドセンス

スポンサーリンク

関連コンテンツユニット

-男子ごはん