LIFE.net

料理のコツ・レシピ・健康・ダイエットなど主婦目線の気になる情報発信サイト

あさイチ ニュース

あさイチ親の介護を始めるタイミング・サービスを受けるまでの流れについて!

親の介護の始まり
3月13日のNHKあさイチで放送された「知っておきたい親の介護のはじめどき・流れ」についてまとめてみました!
介護を始めるタイミングや介護を受けるまでの流れ、相談に行くときに必要となる地域包括支援センターやケアマネージャーさん選、要介護認定の流れなど介護が始まる前に知っておきたいことをまとめています。

スポンサーリンク

介護を始めるタイミングは?

介護のはじめ時がいつなのか、その時が来ても正直今なのか、まだ大丈夫なのかわからないケースがありますよね。

例えば認知症の場合、そもそも認知症なのか違うのかという点もあります。
あるケースでは認知症だと思っていたらそうではなく、家事などができなくなる「老人性うつ」という病気だったというケースもありました。

この場合認知症ではないので家族も介護の必要はまだいいのでは、と思いますよね。

介護を考えるタイミングとしては
・認知症や老人性うつなど
・足腰の怪我

などがあるようです。

適切なタイミングは本当に難しいと思いますが、介護を始めることで状態がどんどんよくなるケースもあるということで悩んでいる場合は上手に活用することも大切かもしれませんね。

介護が始まる流れは?

流れとしては

介護を考える

地域包括支援センターの相談窓口へ行く

要介護認定を受ける

ケアマネージャーさんの選定

ケアプランを一緒に立てる

というようになっています。

地域包括支援センターとは?

「地域包括支援センター」とはケアマネージャーなどの専門家がいて、介護に関する相談を聞いてくれる場所です。
地元の自治体に聞いてみると行きやすい場所を教えてくれるので、まず市役所や区役所などに聞いてみるとわかると思います。
(地域によって名前が違う場合もあります)

相談は無料で、直接行くのが難しい場合は自宅に訪問もしてくれますし、電話でもいいそうです。

介護認定とは?

要介護認定にはいくつかそのレベルに合わせて分けられていて、

要支援1、2
要介護1~5まで

というようになっています。

要支援1が一番軽いもの、要介護5が一番介護が必要とされる度合いで、5になるほど保険適用で受けられるサービスが多くなっていきます。

調査ではあくまでも質問には本人が答えます。
全部で74の調査項目があり、1つずつ確認をしていきます。
中にはできないことを出来ると言ってしまう親御さんもいるそうです。
また調査の時だけ普段出来ないことができてしまうということもあるんだとか。

この場合、自然に促して本人から言い直してもらうとうまくいくことがあるそうです。

スポンサーリンク

他にも介護の手間・時間・回数を具体的に話すとどんなことがどれくらい大変なのか伝わりやすくなります。

例えば
・住まいの設備や道具を調える
・訪問サービスを受けることができる
・デイサービス
・ショートステイ

を受けることができるようになります。

ケアマネージャー選び

一緒に介護のプランを考えてくれるケアマネさんですが、先に事業所を選ぶ必要があります。
要介護認定を受けると受けられる事業所のリストを渡してもらえます。

その事業所ごとにケアマネさんが所属しているので、まずは事業所を選ぶ必要があるんです。

選び方のポイントは
・自宅から一番近い事業所から選ぶ
・その中から空きがある事業所を地域包括支援センターに聞く
・その後直接電話をしてどんな事業所か、ケアマネさんか印象をつかんでみる

という流れがおすすめです。

ですが時間がない場合はとりあえず決めても後々ケアマネージャーさんは変えることができるのでまず選んでみるという感じでも大丈夫だそうです。

まとめ

我が家も祖父母が70代後半と80代なのでいつ何が起こるかわからないので常に頭の隅には入れておく必要があるな、と思いました。
今月末祖母も手術を控えているので、退院後もしかして介護が必要になる可能性もあるかもしれないので、もしもの時は地域包括支援センターに相談してみようと思います。

何事も経験してみないとわかりませんが、予め知識として知っておくと少しは安心感がありますよね。
身近に経験者の方がいたら詳しく聞いてみるのもいいかもしれません。

おすすめ関連記事

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

アドセンス

スポンサーリンク

関連コンテンツユニット

-あさイチ, ニュース