LIFE.net

料理のコツ・レシピ・健康・ダイエットなど主婦目線の気になる情報発信サイト

ためしてガッテン 病気対策法・健康

ガッテン大動脈瘤の症状に気付く声のかすれチェック方法!破裂する前にわかる!

大動脈瘤の発見の仕方
3月15日のNHKガッテンで放送された「大動脈瘤と声の関係」についてまとめてみました!
放置したままだと破裂して命にかかわる危険性もある大動脈瘤ですが、「声の変化」で早期発見出来る可能性もあることがわかりました。
自分で出来るチェック方法や、声帯の動きにかかわる反回神経の仕組み、声のかすれを直すトレーニング方法をまとめてみました。

スポンサーリンク

大動脈瘤の自覚症状とは?

「大動脈瘤」は動脈硬化の人にできやすいもので、他にも血管の病気や感染によっておこることもある状態です。
動脈にこぶができ、気づかず放置していると最悪の場合は破裂してしまうことがあります。

自覚症状がないと思われていることも多いのですが、腹部にできた場合12%の人が腹痛として自覚症状を感じることがあります。

また、胸部にできている場合の自覚症状としては「声帯」に異常が出ることがあります。
2~3割の人に声のかすれが現れるといわれています。

声帯を調べたことで大動脈瘤が見つかったケースもあるんです。
胸部の大動脈瘤の年間手術件数は約1万件と決して少なくない件数です。
それが自分の声でわかるなんてびっくりですよね。

声帯で動脈瘤がわかる仕組みとは?

声帯は閉じたときに息を吐くと振動が起きて声になる器官です。

実際に番組で危険がある人の声が紹介されましたが、思っていた以上にかすれていてびっくりしました。
声帯も小刻みに震えていて、正常な人の映像と比較するとかなり違っていました。

もともと声帯の開け閉めは脳から指令が出て行われています。
ではなぜ大動脈瘤と関係があるのかというと、そこを声帯へ指令を出す神経が通っているため、こぶができていると神経が圧迫されうまく機能しなくなるからなんです。

これは左側の声帯につながる神経なため、左側の声帯がうまく機能しなくなるケースがあるんです。

どうして声帯への神経がわざわざこんな遠回りをして伸びているかというと、昔人間の先祖が水の中で暮らしていたことが関係しています。
面白いですよね。

危険な声のかすれとは?

では具体的にどのような症状が危険性があるかというと・・

・原因に心当たりがない
・声のかすれが1週間以上続いている
というケースです。

自分で出来るチェックテスト

もしも該当して心配な場合は「あー」と声に出して言ってみて、10秒以上言えるかどうかチェックしてみます。

10秒以下になってしまう場合は何か病気が隠れている可能性があるそうです。

ちなみにこの声帯につながる「反回神経」の麻痺は他にも甲状腺がんや肺がん、食道がんなどが隠れている可能性もあります。
気になる場合は医療機関(耳鼻咽喉科)を受診してみてもいいかもしれませんね。

声のかすれを直すトレーニング

他にも加齢などが原因で声が出しにくくなることもあります。
そんな時におすすめなのが声のトレーニングです。

専門の病院で指導してもらい、受けることができます。
他にも好きな歌を歌うこともおすすめの方法です。
カラオケ好きの方にはいい方法ですね!

スポンサーリンク

ただ、大きな声を出しすぎたり、張り上げるとよくないので無理なくやりたいですね。
1日1曲楽しく歌うとのどを鍛えることができるそうです。

気になる方は是非毎日歌を歌ってみてくださいね。

まとめ

私ものどの調子が悪い時があるので少し怖くなってきました(;´∀`)
あーテストはクリアできたので大丈夫かな?と思いますが、健康診断の時に聞いてみようと思います。

気になる方は是非チェックしてみてくださいね!

おすすめ関連記事

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

アドセンス

スポンサーリンク

関連コンテンツユニット

-ためしてガッテン, 病気対策法・健康