LIFE.net

料理のコツ・レシピ・健康・ダイエットなど主婦目線の気になる情報発信サイト

きょうの料理

きょうの料理桜のシフォンケーキ・いちご大福風シフォンケーキレシピ・作り方

きょうの料理の桜のシフォンケーキレシピ
3月16日のNHKきょうの料理で放送された「桜のシフォンケーキ・いちご大福風シフォンケーキ」の作り方をまとめてみました!
春にぴったりのレシピで桜の花の塩漬けを使ったシフォンと、ゆで小豆といちごを使ったレシピの2つの作り方です。
プレゼントにしても喜ばれる華やかなケーキになります。
教えてくださるのは料理研究家の小林かなえさんです。

スポンサーリンク

桜のシフォンケーキ

材料 直径18㎝の金属製シフォン型1台分

<卵黄生地>
卵黄 4個分
薄力粉 100g
桜あん(市販) 180g
水 60ml
サラダ油 50g

<メレンゲ>
卵白 4個分
グラニュー糖 50g

桜の花の塩漬け(市販) 6個(20g)

作り方

1、桜の塩漬けはかぶるくらいの水を加えて5~10分間おいて塩抜きをする。

2、卵黄生地を作っていく。
ボウルに卵黄を入れ泡だて器でほぐす。
そこに桜あんを加えてしっかりと混ぜる。
しっとり感がプラスされます。

3、水、サラダ油の順に加え、その都度混ぜる。

4、薄力粉をふるいながら3回に分けて加え、その都度混ぜる。
粉っぽさやダマがなくなるまで混ぜます。

5、卵白をボウルに入れ、ハンドミキサーでしっかりとメレンゲにする。
柔らかいツノが立つくらいまで混ぜ、砂糖を半量加える。
また泡立て、ツノが立ってきたら残りの砂糖を加えて大きくハンドミキサーを回しながらしっかり泡立てる。
ハンドミキサーを止めて、手で混ぜてみてツノがしっかり立つようになればOKです。

6、4に5のメレンゲを半量ほど加え、ゴムベラで大きく混ぜる。
泡をつぶさないことが大切なので、やさしく混ぜ合わせる。
8割ほど混ざったら、今度は残りのメレンゲの器に卵黄の生地を流し込み混ぜる。

7、生地を焼く。
桜の塩漬けは水気を切り、紙タオルで拭いたら型の底の部分に並べていく。
6の生地を一か所から流し込み、最後に全体に広げていく。

8、網もしくは天板に乗せて、170度に温めたオーブンで焼く45分間焼く。
生地が最大に膨らんだ後に、少し下がってきたら完成です。

9、焼き上がったらすぐに型ごとさかさまにして台の上に置く。
さかさまにしないとしぼんでしまいます。

スポンサーリンク

10、半日ほど常温において完全にさまします。
完全に冷めたら型と生地の間にパレットナイフを差し込み型を回し、型をつかんで外す。
続いて底にもパレットナイフを差し込みまわして生地を外す。

完成です。

いちご大福風シフォンケーキ

材料 直径18㎝の金属製シフォン型1台分

<卵黄生地>
卵黄 4個分
薄力粉 100g
茹で小豆(市販・加糖) 210g
いちご 約60g
サラダ油 50g

<メレンゲ>
卵白 4個分
グラニュー糖 50g

いちご(飾り用)・ミント 適量

作り方

1、いちごはヘタを取り、フォークでしっかりとつぶす。
別のボウルに卵黄を混ぜたら小倉あんを加えて混ぜる。

2、いちごを加えて混ぜる。

3、サラダ油を加え、混ぜる。

4、薄力粉をふるいながら3回に分けて加え、その都度混ぜる。
粉っぽさやダマがなくなるまで混ぜます。

5、卵白をボウルに入れ、ハンドミキサーでしっかりとメレンゲにする。
柔らかいツノが立つくらいまで混ぜ、砂糖を半量加える。
また泡立て、ツノが立ってきたら残りの砂糖を加えて大きくハンドミキサーを回しながらしっかり泡立てる。
ハンドミキサーを止めて、手で混ぜてみてツノがしっかり立つようになればOKです。

6、4に5のメレンゲを半量ほど加え、ゴムベラで大きく混ぜる。
泡をつぶさないことが大切なので、やさしく混ぜ合わせる。
8割ほど混ざったら、今度は残りのメレンゲの器に卵黄の生地を流し込み混ぜる。

7、生地を焼く。
桜の塩漬けは水気を切り、紙タオルで拭いたら型の底の部分に並べていく。
6の生地を一か所から流し込み、最後に全体に広げていく。

8、網もしくは天板に乗せて、170度に温めたオーブンで焼く45分間焼く。
生地が最大に膨らんだ後に、少し下がってきたら完成です。

9、焼き上がったらすぐに型ごとさかさまにして台の上に置く。
さかさまにしないとしぼんでしまいます。

10、半日ほど常温において完全にさまします。
完全に冷めたら型と生地の間にパレットナイフを差し込み型を回し、型をつかんで外す。
続いて底にもパレットナイフを差し込みまわして生地を外す。

完成です。

まとめ

シフォンケーキってふっわふわで口の中で溶ける食感がたまらなくおいしいですが、季節に合わせて色々なアレンジができるのも特徴ですよね。
なかなかあのふんわり感が自宅で出すのは難しいですが、ぜひ挑戦してみたいと思いました!
春らしくて、デザートにもいいですね(´▽`)

おすすめ関連レシピ

小林さんのレシピ本はこちらです!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

アドセンス

スポンサーリンク

関連コンテンツユニット

-きょうの料理