LIFE.net

料理のコツ・レシピ・健康・ダイエットなど主婦目線の気になる情報発信サイト

きょうの料理

きょうの料理の桜のサブレ・山椒サブレレシピ!小林かなえさんの作り方

山椒サブレの作り方

3月16日のNHKきょうの料理で放送された「桜のサブレ・山椒サブレ」の作り方をまとめてみました!
香りのいい山椒を食感のよいサブレに合わせた和風スイーツです。
教えてくださるのは料理研究家の小林かなえさんです。

スポンサーリンク

山椒サブレ

材料

薄力粉 135g
ベーキングパウダー 5g
粉ざんしょう 5g
バター(食塩不使用) 50g
水 30ml
塩 一つまみ
グラニュー糖 50g
薄力粉(打ち粉用) 適量
木の芽 約30枚

作り方

1、薄力粉とベーキングパウダーを合わせてふるっておく。
そこに山椒の粉を加える。
たっぷり入れるのでピリッとした風味に仕上がります。

2、鍋にバター、水、塩、グラニュー糖を弱火にかけて全体をよく溶かし混ぜる。

3、2を1に加えゴムベラでぐるぐるよく混ぜ、粉が残らないようにする。

4、生地ができたらラップに包み、手でおさえて薄くする。
その後冷蔵庫で30分~1時間冷やす。

5、5分くらい前に冷蔵庫からだし、台に薄力粉で打ち粉をする。
麺棒で生地を2㎜程度の厚みにまで伸ばす。

6、クッキー型で抜いていく。

7、天板にオーブンシートを敷き、サブレ生地を乗らべ、木の芽を上に並べる。

8、180度に温めたオーブンで10~15分焼く。
完成です。

紅茶に日本茶、赤ワインにもよく合います。

桜サブレ

材料 約30枚分

薄力粉 135g
ベーキングパウダー 5g
バター(食塩不使用) 50g
水 30ml
塩 一つまみ
グラニュー糖 50g
薄力粉(打ち粉用) 適量
桜の塩づけ(市販) 約30個(100g)

作り方

1、薄力粉とベーキングパウダーを合わせてふるっておく。

スポンサーリンク

2、鍋にバター、水、塩、グラニュー糖を弱火にかけて全体をよく溶かし混ぜる。

3、2を1に加えゴムベラでぐるぐるよく混ぜ、粉が残らないようにする。

4、生地ができたらラップに包み、手でおさえて薄くする。
その後冷蔵庫で30分~1時間冷やす。

5、5分くらい前に冷蔵庫からだし、台に薄力粉で打ち粉をする。
麺棒で生地を2㎜程度の厚みにまで伸ばす。

6、クッキー型で抜いていく。

7、天板にオーブンシートを敷き、サブレ生地を乗らべ、水で塩抜きしておいた桜の塩漬けを上に並べる。
(かぶるくらいの水で浸し、10分程度で塩抜きできます)

8、180度に温めたオーブンで10~15分焼く。
完成です。

まとめ

山椒は香りが大好きでよく使いますが、スイーツに使ったことはありませんでした!
サブレなら香りがたってとてもおいしそうですね。
苦手な方もいるかもしれませんが、山椒がお好きな方は是非作ってみてくださいね!

おすすめ関連レシピ

小林さんのレシピ本はこちらです!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

アドセンス

スポンサーリンク

関連コンテンツユニット

-きょうの料理