LIFE.net

料理のコツ・レシピ・健康・ダイエットなど主婦目線の気になる情報発信サイト

きょうの料理 大原千鶴

きょうの料理大原千鶴の鯛レシピ4品!ソテー・から揚げ・アラ炊き・アクアパッツァ

きょうの料理大原千鶴の鯛レシピ

4月20日のNHKきょうの料理で放送された大原千鶴さんによる鯛を使ったレシピ「たいのソテー・唐揚げ・アラ炊き・アクアパッツァ」の作り方をまとめてみました!
どれもとても簡単で、鯛の料理のレパートリーがぐっと増えるレシピです。

スポンサーリンク

たいのソテー

材料  2人分

鯛(切り身) 2切れ
塩 少々
小麦粉 適量
ごま油(白) 大さじ1

じゃがいも(男爵) 2個(250g)
塩 小さじ1/4
牛乳 50~80ml
砂糖 小さじ1
木の芽(たたく) 適量

ミニトマト 1個
菜の花 2本
しょうゆ 小さじ1/2

作り方

1、鯛は塩を両面して、10分間以上おく。
長い時間おくときは冷蔵庫に入れておきます。

2、水分がでるので、ふき取る。
小麦粉をうっすら全体にまぶす。焼いたときにふっくらとします。

3、フライパンにごま油を熱し、鯛を皮目から焼いていく。
中火で両面をこんがりと焼く。

4、付け合わせのマッシュポテトを作る。
じゃがいもは皮をむき、一口大に切って、塩と砂糖を入れた熱湯で柔らかくなるまで炊く。
完全にやわらかくなるまで煮て、水分が残った状態でそのままつぶす。

マッシャーやブレンダーで粗くつぶし、牛乳を加えさらにつぶす。
木の芽を刻んで加え混ぜる。

5、器にマッシュポテトを乗せ、ソテーした鯛を乗せる。
同じフライパンでしょうゆ味に炒めた菜の花を乗せ、ヘタを取り半分に切ったミニトマトを乗せたら完成です。

たいの唐揚げ

材料 2人分

鯛(切り身) 1~2切れ
塩・こしょう 各少々
にんにく(すりおろす) 少々
かたくり粉・揚げ油 各適量

<トマトディップ>
トマトケチャップ・すりおろしたトマト 各適量

<マヨディップ>
マヨネーズ・小口切りにした細ネギ 各適量

ポテトチップス・パセリ・レモン(くし形に切る) 各適宜

作り方

1、小骨をまずとる。
小骨の横を切り、皮を外す。
骨のところをそぐようにして切り落とす。

2、食べやすい大きさに切ったら塩、こしょうをし、すりおりしたにんにくを全体にまぶす。
(皮も唐揚げにするので、同じように下味をつけます)
このまま10分程度おく。

3、片栗粉を全体に薄くまぶす。

4、揚げ油を170度に熱し、3を入れてカリッとするまで揚げていく。
短時間で揚げて、外はからっと、中はふんわりと仕上げます。

5、器に盛り付け、切ったレモンやパセリ、ポテトチップスを添えたら完成です。

トマトディップはトマトケチャップにすりおろしたトマトを加え、マヨディップはマヨネーズに小口切りにした細ネギを加えて混ぜます。

スポンサーリンク

アラ炊き

材料 作りやすい分量

鯛のアラ 600g
塩 大さじ1
ごぼう 1本(80g)
しょうが(薄切り) 10g
酒 カップ3/4
砂糖・しょうゆ 各大さじ3
木の芽 適量

作り方

1、鯛のアラは塩をたっぷりし、もむ。
ザルに入れて熱湯をかける。
臭みなどが流れ、くせを抑えることができます。
うろこが立ってくるので、そういうところと血合いのところを水で洗う。

2、ごぼうは4㎝長さに切る。
しょうゆ、酒、砂糖、薄切りにしたしょうがを鍋に沸かし、沸いたらごぼうを入れ炊く。
その後アラを加えて一緒に炊く。

3、落し蓋をして強めの中火で短時間で炊く。
汁気がなくなるまで10~15分間炊く。

4、器に盛り付け、木の芽を飾り完成です。

アクアパッツァ

材料 作りやすい分量

鯛 1匹(300~400g)
塩・こしょう 各少々
たまねぎ 小1個(100g)
ミニトマト 8個
スナップエンドウ 3~4本
生しいたけ 小2枚
オリーブオイル・白ワイン 各大さじ2
塩 2つまみ
すだち(薄切り)適量

オリーブオイル 大さじ2

作り方

1、内臓や鱗を取り除いた鯛を用意する。
真ん中あたりにXの文字に切り込みを入れて短時間で火が通るようにする。

塩、こしょうをふり、30分間以上おく。

2、たまねぎは8等分のくし形に切る。
生シイタケは軸を除く。
ミニトマトはヘタを取る。
スナップエンドウは筋を除いておく。

3、フライパンに鯛、たまねぎ、しいたけ、ミニトマト、スナップエンドウを入れオリーブオイル、白ワインを回しかける。
塩を2つまみし、蓋をして中火で約10分間蒸し煮にする。

4、器に盛り付け、輪切りにしたすだちを添えて完成です。

まとめ

鯛は上品な味わいでとてもおいしいですが、いつもお刺身で食べるかあら汁にするかくらいしか食べないので色々な料理に挑戦してみたくなりました!
唐揚げなどはおつまみやお弁当のおかずにもよさそうですよね。

是非作ってみてくださいね!

おすすめ関連記事

大原千鶴さんのレシピ本はこちらです!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

アドセンス

スポンサーリンク

関連コンテンツユニット

-きょうの料理, 大原千鶴