LIFE

料理のコツ・レシピ・健康・ダイエットなど主婦目線の気になる情報発信サイト

NHKあさイチ 便利グッズ 料理のコツ&技

あさイチのヘラが溶ける&変形するのを防ぐ方法!フライパンに放置は要注意!

ヘラの変形を防ぐ方法

5月10日のNHKあさイチ、キッチングッズ向上委員会で特集された「ヘラ」の「変形を防ぐ溶かさない方法」をまとめてみました!
そもそもどうして溶けてしまうのか、溶かさずに変形させず長く使うためのコツなどをご紹介します。

スポンサーリンク

どうして溶けてしまうの?

よくヘラの持ち手や先端が溶けて変形してしまうことがありますよね。

一般的なナイロン製の物の場合、商品によっても異なりますが耐熱温度は210度前後となっています。

ですが意外とその温度を超えても耐えるようになっているのですが、「長時間放置」することによって溶けてしまうことが多くなってしまいます。

加熱したままのフライパンの調理の手を止めるとどんどん温度が上がってしまい、240度くらいになることがあるためそこに放置するとそのまま溶けてしまうんです。

また、火を消した後のフライパンもフライパン自体の温度はなかなか下がらないので要注意です!
ヘラを置きっぱなしにしてしまうとそこでも溶けてしまう原因になってしまうからです。

溶けないようにするには?

フライパンに放置してしまうことが溶けてしまう原因になるので、調理中はちょこっとヘラを置ける場所をバットなどで作ってあげるのがおすすめです。

調理の最中や調理後もそこに置くようにすれば溶けないので是非心掛けたいですね。

スポンサーリンク

まとめ

私もよくプラスチック?素材のヘラやキッチンツールを誤って溶かしてしまうことが多いので今回の特集は気になっていました。
是非長持ちさせて丁寧に使っていきたいですね!

その他のヘラ活用術

おすすめ関連記事

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

アドセンス

スポンサーリンク

関連コンテンツユニット

-NHKあさイチ, 便利グッズ, 料理のコツ&技