LIFE.net

料理のコツ・レシピ・健康・ダイエットなど主婦目線の気になる情報発信サイト

その原因Xにあり 病気対策法・健康

その原因Xにあり!夏バテを予防するLPSが多い食材大公開!マクロファージを活性化する!

LPSを多く含む食材

7月21日のその原因Xにあり!で放送された「夏バテの原因の1つ、免疫細胞マクロファージを活性化する効果があるLPSを多く含む食材」をまとめてみました!
海藻類やキノコ類に多く含まれているLPSですが、夏バテの原因になるマクロファージを元気にしてくれる効果があります。
1日の摂取目安量もご紹介します!

スポンサーリンク

マクロファージとは?

「マクロファージ」とは全身に存在する免疫細胞のことです。

体の中に入ってきたウイルスや有害物質を見つけて食べてくれる細胞ですが、この細胞が働かなくなると有害な物質が体にたまり、夏バテの症状が現れてしまいます。

マクロファージはストレスに弱く、特に夏場はストレスを感じやすい季節なので体がだるくなりやすくなってしまうんですね。

マクロファージは正常に機能していると、
・がん
・アルツハイマー
・アトピー性皮膚炎
・2型糖尿病
・骨粗鬆症
・花粉症

などのリスクを抑える効果もあるすごい細胞です。

では働きが弱まってしまいがちな夏場はどうしたらいいのかというと「LPS」という成分を含んだ食べ物を摂取すると効果があります。

LPS」とは土の中で育つ野菜や改装に含まれる成分で、この成分をとることでマクロファージが元気になります。

「LPS」が多く含まれる食材とは?

今回LPSが多く含まれるメニューとして番組で紹介されたのが

・十割そば(蕎麦湯も一緒に飲むのがおすすめ!)
・とろろ
・なめこ
・めかぶ
・ひらたけ

が乗ったおそばです!

ほかにも
・ひじき
・しいたけ
・玄米ごはん

などキノコ類や海藻類、主食ならそばだけではなく玄米にも多く含まれているので、好きな食材を取り入れるとよさそうですね。

スポンサーリンク

1日の摂取目安量としては、
・十割そば100g+めかぶ25g
・玄米ご飯100g+なめこのお味噌汁40g

程度でクリアできる量です。

ただし、180度以上の高温で調理するとLPSが壊れてしまうので揚げ物などはあまり効果がないといえます。
調理の際は注意してくださいね!

まとめ

LPSを多く含む食材は好きなものばかりだったので安心しました!
健康にいいといわれる食材が多かったのも、理にかなっているんだな~と。

ヘルシーなものが多いので、ダイエット中の方でも安心して摂ることができますね。
ぜひ毎日の食卓のメニューに加えてみてくださいね!

おすすめ関連記事

手軽にとれるサプリもありました(´▽`)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

アドセンス

スポンサーリンク

関連コンテンツユニット

-その原因Xにあり, 病気対策法・健康