LIFE.net

料理のコツ・レシピ・健康・ダイエットなど主婦目線の気になる情報発信サイト

ソレダメ 料理のコツ&技 水島弘史シェフのレシピ

ソレダメ!水島弘史シェフの包丁の使い方のコツ!涙の出ないたまねぎの切り方も!

水島弘史シェフの包丁の使い方

8月16日のソレダメ!で放送された「包丁の使い方のコツ」をまとめてみました!
涙が出ないたまねぎの切り方・基本の包丁の構え方・よく切れる位置・トマトがきれいに切れる切り方・硬いカボチャの切り方など料理の味をぐっと上げるコツが盛りだくさんです。
教えてくださるのは料理研究家の水島弘史シェフです。

スポンサーリンク

包丁はスポーツだと思え!基本の構え方

水島シェフによると、包丁使いはスポーツと同じで「構え方」がとても大切なんだそうです。
構え方ひとつで、味が変わってくるということで、まずは基本の構え方・姿勢をご紹介します!

基本は「包丁と腕がまっすぐ」が基本です。
そうするには右足をひき、まな板に対して斜め45度に立ちます。
すると自然とまっすぐにすることができるんです。

こうすると、力が拡散せず、身体全体の力を効率よく使うことができ、身体がぶれず食材をきれいに切ることができるようになります。

包丁の刃のベストゾーンとは?

包丁の刃は刃先から指2本分離れた部分の「スパスパゾーン」がとてもよく切れます。

是非注意して使う用にしたいですね!

涙の出ないたまねぎの切り方

たまねぎを切ると涙が出てしまうという経験は誰もがしたことがあると思いますが、包丁使いを変えると涙が出ない切り方にすることができます!

まず基本の構えをし、1回で切ろうとせず、スパスパゾーンを使い何度も包丁の刃を前後に往復させて切ると涙が出ません。

また、この方法で切ると水にさらさなくても辛みなどが出ず、においも気にならない甘い玉ねぎのオニオンスライスにすることができます。

柔らかいトマトがきれいに切れる切り方

柔らかいトマトをきれいに切るには、包丁の柄の端を持ち、包丁の重みだけでトマトの表面に包丁の刃を当て、こまか~く刃を動かします。
すると自然と刃が入るので、その後はきれいに切ることができます。

スポンサーリンク

ぐちゃぐちゃにならず、見た目も美しいトマトスライス、ぜひ作ってみてくださいね(´▽`)

硬いカボチャの切り方

かぼちゃはひっくりかえし、おしりのほうから包丁を入れます。

この時、下に押すのではなく斜め下に押すような感じで包丁を入れるとスッと刃を入れることができるんです!

片側が切れたらむきを変え、反対側も同じように斜め45度で刃を入れるときれいに半分にすることができます。
この方法なら硬いかぼちゃでも危なくなく、切ることができますね。

まとめ

以前あさイチで放送された内容と少しかぶっていましたが、改めて包丁使いの復習になりました!
味も変わるのであればぜひやってみたいですよね。

おすすめ関連記事

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

アドセンス

スポンサーリンク

関連コンテンツユニット

-ソレダメ, 料理のコツ&技, 水島弘史シェフのレシピ