LIFE.net

料理のコツ・レシピ・健康・ダイエットなど主婦目線の気になる情報発信サイト

きょうの料理 大原千鶴

きょうの料理大原千鶴のえびのピカタ風・和風えびマヨレシピ&作り方

大原千鶴のえびマヨレシピ

8月17日のNHKきょうの料理で放送された大原千鶴さんによる殻付きのエビを使ったレシピ「えびのピカタ風・和風えびマヨ」の作り方をまとめてみました!
殻付き海老の下処理の仕方や、小麦粉と溶き卵をつけて焼いたピカタ、小さく切ったトマトやたまねぎ、みょうが、しそなどをマヨネーズとしょうゆ、ラー油で混ぜ合わせたソースであえるエビマヨの作り方です。

スポンサーリンク

えびのピカタ風

材料 2人分

海老 8匹(正味約180g)
片栗粉 大さじ1
塩 2つまみ
水 大さじ1

たれ(作りやすい分量)

みりん 煮切ったもの 大さじ1
しょうゆ 大さじ1
青ネギ・白ごま・一味とうがらし 各少々

作り方

1、えびは殻をむく。
尾から1つ分の関節分の殻は外さないようにすると尾が外れにくい。
竹串などで背ワタを取り除く。
2つ目か3つ目の関節の隙間から入れると簡単にとることができます。

2、ボウルに殻をむいたえび、片栗粉と水を入れてもむようにして汚れを落とす。
水で洗い、ざるに開けてきれいな水で洗ったらキッチンペーパーなどで水気をふき取る。

3、2のえびをボウルに移し、塩を加えてもみこみ下味をつける。
塩でぷりぷりの食感になります。

4、尾の先を少し切り落とし、内側に包丁を入れてえびを開く。
バットに並べ、小麦粉をまぶす。

5、フライパンにごま油を中火で熱し、4のえびを溶き卵にくぐらせ並べ入れて焼く。
蓋をして焼いていく。
海老の色が変わり、赤くなってきたら裏返し反対側も焼く。

6、焼きあがったら網の上に取り出す。
(べちゃべちゃさせないため網の上に!)

7、ズッキーニは1㎝厚さの輪切りにし、バットに並べて小麦粉をまぶす。
フライパンにごま油を中火で熱し、溶き卵にくぐらせ並べ入れて焼く。
弱めの中火にして蓋をして焼く。
焼き色がついたら裏返し、蓋をせずに焼く。

8、焼きあがったら網の上に取り出す。

9、たれを作る。
煮きったみりん、しょうゆを混ぜ合わせ、白ごま、一味とうがらし、小口切りにした青ネギを加えて混ぜる。

10、器にえびとズッキーニを盛り付け、9のたれを添えて完成です。

和風えびマヨ

材料 2人分

えび 8匹(正味180g)
小麦粉 適量
ごま油 大さじ1/2

マヨネーズ 大さじ2
しょうゆ 小さじ1
ラー油 少々
たまねぎ 10g(粗みじん切りにする)
みょうが 1個(粗みじん切りにする)
青じそ 5枚(粗みじん切りにする)
トマト 1個(正味100g)
すだち 適宜
青ゆずの皮 適宜

スポンサーリンク

作り方

1、えびは殻をむく。
尾から1つ分の関節分の殻は外さないようにすると尾が外れにくい。
竹串などで背ワタを取り除く。
2つ目か3つ目の関節の隙間から入れると簡単にとることができます。

2、ボウルに殻をむいたえび、片栗粉と水を入れてもむようにして汚れを落とす。
水で洗い、ざるに開けてきれいな水で洗ったらキッチンペーパーなどで水気をふき取る。

3、2のえびをボウルに移し、塩を加えてもみこみ下味をつける。
塩でぷりぷりの食感になります。

4、えびに小麦粉をまぶし、フライパンにごま油を中火で熱し並べて入れ焼く。
色が変わったら裏返し、反対側も焼く。

5、マヨネーズ、しょうゆ、ラー油、粗みじん切りにしたたまねぎ、青じそ、みょうが、湯むきして1㎝角に切ったトマトを加えて混ぜ合わせソースを作る。

6、5の中に焼きあがったえびを加えて和える。

7、器に盛り付け、輪切りにしたすだちを添えて完成です。

まとめ

えびをピカタ風にした作り方はやったことがないので作ってみたいと思いました。
えびマヨも中華ではなく和風で幅広い年代の人が食べやすそうですね。

是非作ってみてくださいね(´▽`)

同じ日に放送されたむきえび使ったレシピ

その他の大原千鶴さんのレシピ

その他の大原千鶴さんのレシピはブログカテゴリーの「大原千鶴」からも一覧でご覧になれます(´▽`)

おすすめ関連記事

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

アドセンス

スポンサーリンク

関連コンテンツユニット

-きょうの料理, 大原千鶴