LIFE.net

料理のコツ・レシピ・健康・ダイエットなど主婦目線の気になる情報発信サイト

ためしてガッテン 病気対策法・健康

ガッテン腱鞘炎チェック方法&予防法!スマホでの親指操作が手首の炎症に!

ガッテン手首の痛みチェック方法・予防法

9月13日のNHKガッテン!で放送された「スマホやパソコンなどでの親指の使い過ぎで起こる腱鞘炎(スマートフォンサム)のチェック方法&予防法」をまとめてみました。
現代病ともいえる腱鞘炎で、親指操作によって親指をよく使うことで手首に炎症が起こり腱鞘炎になってしまう人が増えてきています。
また、子育て中のママや更年期の女性もなりやすいので注意が必要です。
簡単に予防することができるので、予防法も是非チェックしてみてください!

スポンサーリンク

腱鞘炎(スマートフォンサム)になる人が増加中!

現在「腱鞘炎」になる人が世界的に増加しているんだそうです。

腱鞘炎とは「手首の炎症」のことですが、これまではピアニストや美容師さんなどに多い病気の1つでした。
ですが最近では職業に関わらず症状を訴える人が増えてきています。

この痛み、最近では「スマートフォンサム」と海外では言われていて名の通りスマホが原因と考えられています。

実はスマホ以外にもパソコンやゲームなども原因となるケースがあります。
まさに現代病と言えますね。

スマートフォンサムとは?

では「スマートフォンサム」の「サム」とはどういう意味かわかりますか?

この「サム」とは「親指」のことなんです。

スマホユーザーでも腱鞘炎になる人、ならない人がいますよね。
両者の間にはどのような違いがあるかというと、親指だけで画面上で操作する人・そうでない人がいると思います。

実は親指で主に操作をする人が要注意なんです!
何がいけないのかというと、画面上で親指を使い指を滑らせたりはじいたりする操作「フリック」がよくないんだそうです。

なぜ手首の痛みに親指が関係しているかと言うと、人間が進化の過程で親指が進化して道具を使えるようになったことが関係しています。

人間がものをつかむことができるのは、親指の付け根のあたりにある筋肉のおかげです。
その筋肉が腱を引っ張ることで親指が曲がり、人間はものをつかむことができるようになっているんです。

逆に、つかんだものを離すときには手首の下の筋肉を使います。
この筋肉はつかむときに使う筋肉に比べて必要性が低かったため、弱くできています。

このはなす動作を繰り返すうちに、腱をまとめている鞘の部分に炎症が起きてしまいます。
これが「腱鞘炎」なんですね。

手首の痛みチェック方法

では、自分で簡単にできる手首の痛みのチェック方法をご紹介します!

1、親指を曲げる。

2、ほかの4本で指を握る。

3、小指側に曲げる。

★強い痛みが出たらすぐに中止してください。

これをやってみて、強い痛みが出た人は手首の腱鞘炎の可能性があるそうです。
是非チェックしてみてくださいね!

スマートフォンサムの予防方法は?

とはいえ、スマホもパソコンも現代においては欠かせないものになっていますよね。
少しでも予防できる方法がこちらです!

スマホの場合

スマホの場合は親指だけで操作するのではなく、人差し指も使うだけで予防になります。

パソコンの場合

パソコンの場合は手首の下にクッションを置くだけで予防効果があります。

タオルを丸めて下にクッションにするだけでもOKです。
仕事などでよく使う人は是非やってみてくださいね!

このようなPC専用のクッションも販売されているので、よく使う方は予防用に使ってみてもいいかもしれませんね。

なりやすい人とは?

更年期の女性

腱鞘炎は年代によってなりやすい、なりにくいなどはないそうですが、更年期の女性はホルモンバランスの変化が原因で腱鞘炎を起こしやすいと考えられているそうです。

スポンサーリンク

更年期は様々な体の変化が起こりやすい時期なので、より注意が必要ですね。

出産後&子育て中のママ

子育て中のママや産後間もないママも注意が必要です。

なぜかというと、赤ちゃんの首を支えるために親指を大きく開いて支える姿勢を取ることが多いから、という理由と

産後はホルモンバランスの変化が原因で炎症が治まりにくいと考えられるからです。

海外では「ママズサム」という名前がついているほどだそうです。

当てはまる人はより注意してみてくださいね。

痛みがひどいときは何科を受診するの?

手首の痛みがひどいときは整形外科の受診がおすすめです。

もむと悪化してしまうケースもあるそうなので、自己流のケアはあまりよくないかもしれません。
ちゃんとした医療機関を受診したいですね。

まとめ

私も現在産後&子育て中&PCをよく使うと3拍子揃っているので早速PCを使うときだけでもクッションを使おう!と思いました。

幸い!?スマホユーザーではないのでまだいいのかな?と思いましたが、スマホをよく使い、デスクワークがお仕事と言う方も少なくないと思います。

一度痛めてしまうと治るまでが大変だと思うので、そうなる前に予防を心掛けたいですね。

おすすめ関連記事

手首ケア用のグッズもありました。
デスクワークの方は仕事中こういうのをはめても予防&ケアになってよさそうですね。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

アドセンス

スポンサーリンク

関連コンテンツユニット

-ためしてガッテン, 病気対策法・健康