LIFE.net

料理のコツ・レシピ・健康・ダイエットなど主婦目線の気になる情報発信サイト

きょうの料理

きょうの料理栗ジャム・からみ餅・おはぎレシピ!土井善晴さんの作り方

きょうの料理栗ジャムレシピ!土井善晴さんの作り方
10月5日のNHKきょうの料理で放送された料理研究家土井善晴さんによる栗を使ったレシピ「栗ジャム・からみ餅・栗ジャムのおはぎ」の作り方をまとめてみました!
栗をお砂糖で煮詰めて作るシンプルなジャムと、作ったジャムを活かした食べ方のからみ餅のレシピです。

スポンサーリンク

栗ジャム

材料 作りやすい分量

栗 500g
砂糖 170g(目安は取り出した栗の半量です)
水 カップ1/4

作り方

1、大きな鍋に鬼皮をつけたままの栗と水を入れ、水からゆでる。
柔らかくなるまで30分~1時間ほどゆでる。
※よく冷えている栗などは時間がかかります。
どれだけ時間がかかるかはその栗によって違うので食べてみてチェックします。

柔らかくなったらざるに上げて、ふきんを上にかけて乾燥を防ぎながら冷まし粗熱を取る。

2、1の栗が冷めたら縦半分に割って実をかき出す。
※半分に切った状態でそのままスプーンで食べるのもおいしくておすすめです。

出した実と砂糖、熱湯カップ1/4を鍋に加えて中火にかける。
煮立ったら木べらで混ぜながらコトコトと煮詰める。
木べらでジャムをすーっと引いたときに鍋底に筋が残るくらいになれば完成です。

冷蔵庫で3~4日間保存可能です。

からみ餅

材料

栗ジャム 適量
白玉粉 100g
水 カップ1/2

作り方

1、まず白玉をつくります。
鍋に湯を沸かしておく。
ボウルに白玉粉を入れて、水を少し残して加えて手で混ぜる。
一度に全部加えないのがポイントです。
足りないようであれば残りの水をごく少量ずつ加えて粉っぽさがなくなるまでこねる。

2、粉っぽさががなくなって、1つにまとまったら、時々手に水をつけながら手でさらによくこねる。
触ってみて粉と水分がなじんでいて、かつ耳たぶくらいの柔らかさになるのが目安です。

注意点としては、最初は水が足りないように感じてもこねているうちに水が粉に浸透して柔らかくなってきます。
なので必要最低限の水分で生地をまとめるのがポイントです。
もしも生地が柔らかくなりすぎてしまったらふきんで包んで水けを取って調節してください。

3、出来上がった生地を細長くして手でちぎって直径1.5~2cmに丸る。
沸騰させたお湯の火を止め、丸めた生地をどんどん入れていく。
生地を全部入れ終わったら、火をつける。
大きさはバラバラでも大丈夫です。

スポンサーリンク

4、白玉はお湯の火加減をあまり強めず、ゆっくりとゆでる。
ゆで上がりのサインは浮き上がってくるので、浮き上がってきたら水にとって表面のぬめりを洗い落とす。
その後冷水にとってしめる。

5、4をざるの上に取り出し、水けを取る。

6、出来上がった白玉に栗ジャムをを加えてからめたら完成です。
※番組では栗ジャムの鍋の中に白玉を入れて和えて器に盛り付けていました。

栗ジャムのおはぎ

材料 8~9個分

栗ジャム 適量
冷ご飯 200g
あおのり 適量

作り方

1、冷ご飯をすり鉢に入れてすりこぎ棒でつく。
米粒が残ってひとまとまりになるくらいが目安です。
手で取りにぎって丸めてまな板の上などの置いていく。

2、手にふきんをのせ、栗ジャムと1のおはぎを別々に置く。
栗ジャムの上におはぎのごはんを乗せてぎゅっと丸める。

器に盛り付け完成です。

もしくは中に栗ジャムが入るのようにジャムをおはぎのお米で包んで丸めます。
丸めたら青のりをまぶしてもおいしくなります。

まとめ

栗のジャムは食べたことがないのですが栗のお菓子はどれも外れがないので是非作ってみたいと思いました!
食パンに塗っても最高においしそうですね。
是非作ってみてくださいね!

おすすめ関連記事

土井善晴さんのレシピ本はこちらです。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

アドセンス

スポンサーリンク

関連コンテンツユニット

-きょうの料理