LIFE.net

料理のコツ・レシピ・健康・ダイエットなど主婦目線の気になる情報発信サイト

あさイチ 病気対策法・健康 美容

あさイチのスマホの使い過ぎによるあごの負担をほぐすストレッチのやり方!

スマホの使い過ぎによる不調の改善

11月7日のあさイチ、スマホのやりすぎで起こる体の不調特集で放送された「スマホによるあごの負担を軽減するストレッチのやり方」をまとめてみました!
スマホを見る時の下をむいた姿勢によって、あごの筋肉に大きな負担がかかり、結果あごが開きにくくなったり開かなくなるというケースがあります。
それを改善することができる首の筋肉をストレッチする体操のやり方です。

スポンサーリンク

スマホの使い過ぎで口が開きづらくなる!?

スマホを見る姿勢は頭を下に傾けていることが多いですよね。

実はこの姿勢を長時間続けると、首の筋肉が圧迫され、顎への血流が悪くなってしまいます。
そうすると顎を動かす筋肉への血流も悪くなってしまい、顎の痛みが出たり口が開けづらくなってしまうことがあります。

正常値は開けたときの縦の長さが38㎜~40㎜です。

口がうまく開かないと食事や会話がうまくいかなくなったり、頭痛やめまいにつながることもあります。

顎の不調を改善するストレッチのやり方

ストレッチのやり方がこちらです。

1、右手を頭の上に伸ばし、左耳を抑えるようにする。

2、左腕は床に向かって伸ばし、一番伸びたと感じた場所で止める。

3、わきの下をかぐように鼻を潜り込ませる。
10秒間キープします。
首の筋肉を伸ばすことができます。

4、肘を背中の方にひねり、10秒キープ。

5、あごを脇の方へスライドして10秒キープ。

6、戻すときはゆっくりと、急に戻さないようにします。
反対側も同じように行います。

改善するマッサージ

1、目の横を指で触り、徐々に下に下げていき頬骨を確認する。
さらに下に指を動かし、骨がないくぼみの部分に指をあてる。

オレンジをつぶすくらいの力でぐっと圧迫をする。

2、500円玉くらいの円を描くようにゆっくり10回ほど回す。

3、押したまま口を開け、反対方向に同じように10回程度回す。

スポンサーリンク

肘をテーブルについて行っても大丈夫です。

まとめ

下のむきすぎで顎に弊害が出るなんて初めて知りました。
スマホだけではなく、仕事や趣味などで下を向く姿勢が続く方にもよさそうですね。

スマホの弊害については、子供に見せすぎると脳によくないというのを以前他の番組でやっていました。
※こちらにまとめています。

便利なものですが、使いすぎはやはり体に負担がかかるようなので負担をやわらげるような工夫ができるといいですね!

おすすめ関連記事

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

アドセンス

スポンサーリンク

関連コンテンツユニット

-あさイチ, 病気対策法・健康, 美容