LIFE.net

料理のコツ・レシピ・健康・ダイエットなど主婦目線の気になる情報発信サイト

ためしてガッテン 病気対策法・健康 美容

ガッテン嗅覚の衰えによる弊害とは?予防や改善する方法も!

ガッテン嗅覚においトレーニングのやり方
11月22日のガッテン!で放送された「嗅覚」の特集に登場した「嗅覚が衰えることによる弊害や症状、嗅覚を改善させる方法」などをまとめてみました!
臭いをかぐ力は加齢と共に衰えてしまいますが、日常生活の中で意識することで衰えを予防することが可能です。

スポンサーリンク

香りで記憶が呼び起される!?

香りをかぐと、脳の中の感情や行動に関連する扁桃体や記憶を司る海馬が反応します。

そのためある香りをかぐとそれに関連した記憶が思いだされることがあります。   

例えば洗剤の香りをかぐと無意識に掃除をしてしまうなど、ある特定の香りが行動に結びつくことがあるというのは面白いですね。

においを嗅ぐ力は加齢と共に衰える

しかし、目隠しをしてあるものの臭いをかがせても、20代をピークに正解率は下がってしまうことが番組の実験で明らかになりました。

なぜかというと、鼻の奥にあるにおいのセンサー「嗅神経細胞」という細胞が若いころはたくさんあるのですが、加齢と共に減っていってしまうためです。

脳の信号も弱くなるために、年と共に臭いをかぎ分ける力が衰えてしまうんですね。
では臭いをかぎ分ける力が衰えるとどのような弊害があるのでしょうか。

嗅覚が衰えるとどのような弊害があるのか

視力や聴力に比べ、その能力が衰えてしまってもあまり生活には支障がないように感じる嗅覚ですが、例えばこのような弊害につながるケースがあります。

・食欲がない
・外出が面倒
・元気が出ない
・人づきあいが嫌
・時間がゆがむ(時間間隔がなくなる)
・筋肉量が減る
・虚弱体質になる
・地域活動への参加が減る

などなど。(60歳以上の方への調査だそうです)
これらのことが嗅覚の衰えによるものかもしれないなんて驚きですよね。

食欲不振から様々なところに影響が出始め、やる気がなくなったりすることでうつにつながることもあるそうです。
さらに時間や空間を認識する機能が落ちてしまうこともあります。

ここまで影響が出ると怖いですね。

また、料理をしているときの焦げている臭いに気が付かず火事になりかけてしまうことや、食べ物の傷んだ臭いに気が付かなくなるなど、命の危険に関わることもあります。

スポンサーリンク

早く「においがしない」ということに自分自身で気が付くことが大切だそうです。
特にカレーやメンソール(ミント)の香りがわからなくなっている場合は耳鼻科などを受診することが大切です。

嗅覚を回復させる方法とは?

嗅いで嗅覚を回復させる方法があり、においセンサーの細胞ににおいの刺激を与えることで細胞の数を増やすことができる治療法です。

何の臭いか意識して行うことで、脳内回路のネットワークが強まりより効果があります。

特別なことはしなくても、日常生活の中で何かの香りを嗅ぐときに何の香りか意識して嗅ぐだけでも効果があります。
早めに意識して嗅げば、嗅覚の衰えの予防や改善につながります。

20代以降の方は是非意識して生活するとよさそうですね。

まとめ

まさか嗅覚も加齢と共に衰えるとは思ってもみませんでした。
当たり前と言えば当たり前の老化現象なのかもしれませんが、においだけで様々な弊害が出てくることもわかりましたし、人生を楽しむ要因としても香りを嗅ぐ力はしっかり持っておきたいですね。

是非トレーニング、やってみてくださいね。

おすすめ関連記事

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

アドセンス

スポンサーリンク

関連コンテンツユニット

-ためしてガッテン, 病気対策法・健康, 美容