あさイチ 暮らし

あさイチ墓選びのポイントとは?納骨堂・合同墓・樹木葬の特徴は?

墓選びの方法
12月20日のあさイチで放送された「墓選びのポイント」をまとめてみました!
多くの人が最後はお世話になるであろうお墓ですが、納骨堂や樹木葬など近年多様化しているお墓の種類や、従来型の一般的なお墓を立てる際に注意するべきポイントなどをご紹介します!

スポンサーリンク

お墓の種類

納骨堂

納骨堂は室内型のお墓で、

・位牌式
・ロッカー式
・仏壇型
・機械搬送式
など会社によって様々なタイプが用意されています。

お値段は10万円~1000万円程度まで幅広いのが特徴です。

どんな形かというと、一例ですがカードを差し込むと参拝ブースまでお墓が自動で運ばれ、参拝ブースでお参りをします。
お花や焼香台も備え付けられているところもあり、手ぶらでも行くことができます。

人気の理由は、
・駅に近いところにある(ところが多い)
・冷暖房完備
・掃除いらず
という点です。

注意すべき点としては
・年間管理費が高め
・お盆やお彼岸になると順番待ちになることもある
・会社の経営状態
などです。

お墓のお掃除の手間やお花の入れ替えなどの手間がない分、気軽に会いに行けるという点がいいですね。

樹木葬

最近特に女性からの相談が多いというのが「樹木葬」という形です。

大きく分けて3タイプあり
・里山タイプ
・公園タイプ
・庭園タイプ
です。

庭園タイプには墓標があり、その下に骨壺を収めることができるようになっています。
上下に2つ入れることができるので、ご夫婦で入ることもできるそうです。

一定の期間がたつと取り出され、敷地内の合同墓に移されることが多いそうです。

1人用で約100万円、2人用で約160万円くらいが都内の平均ということでした。

里山タイプの一例としてはお寺の敷地内の公園のようなスペースに自然に変える形で骨を収めるというところもあるそうです。

家族のお墓、というよりは個人のお墓という感じに変わってきているのを感じますね。

年間管理費はないケースから亡くなるまで、合同墓地にはいるまでなど場所によって異なります。

一般墓

昔ながらのお墓を選ぶ方も多いですよね。
まだまだ一番一般的なのではないでしょうか。

公営墓地の場合は倍率が非常に高くなることがあるので要注意です。
募集期間が決まっていたり、応募権利が決まっているところもあります。
公営の他に民間霊園もありますね。

民間の場合は
・管理費が高め
・石材店が指定されている
などが特徴です。

スポンサーリンク

もう1つ寺院もあります。
寺院の場合は宗教が決まっていて、檀家になることもあります。

宗教を問わないところだと墓石の形や文字が自由なところもあります。
敷地の大きさで入ることができる人数も変わってきます。
本当にそれぞれ場所によっても特徴がかなり異なるので、何軒が見学や下調べをしっかりとすることが大切ではないでしょうか。

合同墓

特徴として一例ですが本願寺の場合は納骨場所は見ることができません。

遺骨も混ざるところや、1人ずつ真空パックにして分けた状態にするところなど様々です。

また初めに管理費を払うだけで、その後の金はかからないのが特徴です。
お値段は約3万円~30万円以上まで様々ですが割とお値打ちなイメージですね。

注意したい場合は生前契約したのに、納骨されないケースがあるということです。
自分で契約してもほかの人が知らなければ納骨は不可能ですよね。
なので、周りの人に言っておくことが大切です。

まとめ

我が家も数年前に祖父が新しくお墓と敷地を買いましたがやはり抽選だったようで2度目でようやく当選したそうです。
我が家は家族で入ることになりそうですが、今は色々なスタイルがあり選ぶ自由があるというのはいいことですよね。

是非自分や家族にあった選び方ができるといいですね。

おすすめ関連記事

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

おすすめPR

おすすめPR

関連コンテンツユニット

-あさイチ, 暮らし