あさイチ 病気対策法・健康

-,

あさイチ早朝高血圧の原因とは?予防法とタオルグリップ法のやり方も!

早朝高血圧とは?

2月7日のあさイチで放送された冬に気を付けたい「早朝高血圧」についてまとめてみました!
心臓病や脳梗塞のリスクが高くなる早朝高血圧の原因と予防法、予防として効果的なタオルグリップ法のやり方などをまとめています。
女性の場合は更年期の要因となるため、是非注意してほしい症状の1つです。

スポンサーリンク

早朝高血圧とは?

早朝高血圧とは朝に血圧が135を超え高くなる症状のことで、日中に行われることが多い健康診断では気が付きにくい高血圧なんです。
寝ている間に上がっていることも多く、これが原因で脳梗塞など危険な状態になってしまうこともあるため注意が必要です。

起きてすぐに急上昇する「モーニングサージ」と呼ばれる症状は血管の壁が傷みやすく、傷むことで動脈硬化がすすんでしまい血管がもろくなってしまいます。
血管がもろくなると破裂につながることがあるんですね。

心臓病・脳卒中のリスクは正常の時に比べ早朝高血圧+高血圧の場合、およそ4倍程度になることもわかっています。

さらに妊娠中に高血圧だった女性は、将来的に高血圧になりやすいということもわかっています。

早朝高血圧の原因とは?

では原因は何かというと大きなものとしては

・更年期
・生活習慣
・季節(冬が危険)

などが挙げられます。

こまかく見ていくと、
・冷たい床
・飛び起きる
・くしゃみやせき
・慌てる
・ダッシュ
・筋トレ
・月曜日(土日休みの人の場合)
・力仕事(朝から寒い環境での力仕事、雪かきなど)
・トイレ
・冷水で洗顔する
・煙草を吸う
・睡眠時無呼吸症候群
・降圧剤の切れ時
・コーヒー(カフェイン300㎎)

などもあります。

特に女性の場合は更年期が注意で、それに様々な要因が積み重なることで大きな血圧の波が起こってしまうんですね。

予防するには?

予防するためには原因となることを少しずつ変えていくと血圧の上昇を少しでも抑えることができます。
例えば・・

・禁煙
・朝はゆっくり時間に余裕をもって支度する
・冬はエアコンや暖房の予約をして朝室内が冷えないようにする
・朝はノンカフェイン珈琲に変える
・お湯で洗顔する
・スリッパをはく
・冷たい気温の外に出ていきなり激しい運動をしない

などです。

トイレなどは避けようがありませんが、トイレにも小さい暖房を置いて温める、温かい便座を取り入れるなどの工夫ができるといいかもしれませんね。

スポンサーリンク

タオルグリップ法のやり方

交感神経を整えるトレーニング法として紹介されたのは「ハンドグリップ法」です。

全力の約30%の力でぐーっと力を込めて握ることで交感神経を整え、大きな血圧の波を予防する効果が期待できます。

専用のグッズがなくてもタオルで代用が可能です。
タオルを少し強めの力で握ると、全力の3割程度に自然とすることができます。

タオルの折り方はまず長いほうを縦半分に折り、さらに半分に折ります。
それを横方向に半分に折れば完成です。

親指と人差し指がくっつかない幅でまず右手で2分間握ります。
1分間休み、左手で2分間同じように行います。

これを2セットです。

タオルであればどこででもできるのでいいですよね。

目安は2日に1回、週3回程度でOKです。

正しい血圧の測り方

また、適切な血圧管理に欠かせないのが正しい測定方法です。
こちらの記事に専門医の先生紹介の方法をまとめているのでよくわからない!という方は参考にしてみてください。

まとめ

生活習慣に注意していても誰もが起こる可能性があることなので、注意が必要ですね。
特に早朝高血圧は細かい要因が積み重なることもあるので、少しでも予防できる部分は予防すると変わってくるのではないでしょうか。
特に更年期の方は注意してみてくださいね。

おすすめ関連記事

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

アドセンス

スポンサーリンク

関連コンテンツユニット

-あさイチ, 病気対策法・健康
-,