あさイチ 暮らし

あさイチ「夫の転職」で考える、夫が仕事を辞めるということ

2018/04/02

夫の転職

4月2日のあさイチで放送された「夫の転職」について、夫が仕事を辞めるということについて我が家のケースも踏まえてご紹介したいと思います!
一家の大黒柱である夫が仕事を辞めるとなると一大事ですよね。
新しい仕事をしたいと言われてもただ喜んで応援できるものでもない、複雑な問題だと思います。
転職が幸せなものになるためにはどうしたらいいのか、考えてみました。

スポンサーリンク

今や誰もが転職してもおかしくない時代に

今や年功序列を取り入れていない企業も多く、また「社畜」や「ブラック企業」という言葉が生まれるほど仕事環境に恵まれないことも度々多くのメディアで話題に上がるようになった時代となりました。

新入社員で入社した会社に定年まで勤めあげる、という人も昔に比べたらぐっと少なくなったのではないでしょうか。

転職はうまくいけばより給料や待遇がアップしたり、キャリアップにつながるケースもあり決してそれ自体は悪いことではありませんよね。
ですが一家の大黒柱である夫が「転職したい!」と言ったら・・どうでしょうか?

奥さんが専業主婦だったりする場合には、手放しで応援できないケースも多いと思います。
夫の希望とあれば、夫のためを思い応援したいのもやまやまですが、家庭のことを考えるとそうもいっていられないですよね。

夫が転職した我が家のケース

実は我が家も夫が転職をし、今回テーマとなったいわゆる「ハッピー転職」にすることができました。
結果家族みんなの幸福度があがり、家庭もより円満にすることができました。

ですがそうなるまでにはお互いの両親の心配なども含め、やはりすんなりとはいかないこともありました。

我が家は夫がブラック企業勤め、私はワンオペ育児という最悪の状態で、かつ夫が以前から他の会社へのステップアップとして転職前の会社に勤めていることを知っていたため時期を見て転職してもらうことになりました。

どちらかというと、夫の希望だけではなく家族みんなの希望で転職してもらったという感じです。

転職先にあたっては、これまでが休日出勤も非常に多く、残業が多い(そして残業代は出ない)ところだったため、お給料は多少下がっても残業がなく、土日はしっかりとお休みがもらえるところというように決めてから転職活動をしました。

その結果希望にかなうところが見つかり、家庭円満につながったので我が家は夫が転職してくれてとてもよかったと思っています。

改めて将来について一緒に考えてみる

今回番組でも夫の転職に当たり「将来について一緒に考えてみる」ことの重要性を言っていましたが、これは我が家もしっかりと話し合いました。

スポンサーリンク

まだ当時お互い20代後半だったこともあり、これからの長い人生&会社勤めの人生を考え長い目で見て自分自身もやりがいがあり、働きやすいところがいいのではないか、ワークライフバランスがしっかりとれるところの方が家族のためにもいいのではないかという考えに至りました。

また転職した際のお給料の違いなども踏まえ、残り何年でいくら貯金したいか、なども具体的に話し合い年ごとのグラフにして目標を立てました。

特にお子さんがいるご家庭の場合は、要所要所でお金がまとまって必要になる部分が多いと思うので、その時に大丈夫か、という点も話し合ったほうがいいと思います。

我が家は幸いまだ年齢もそれほど高くなかったことなどもあり、今転職したほうが後々を考えるといいのではないかということになりお互いの両親にも話すときに説明がしやすくなりました。

やはり親は気になるようで、何度も聞いてきたのでしっかりと報告はするように心がけていました。

幸せな転職とは?

「幸せな転職(ハッピー転職)」とは、転職をしたいと思っている夫だけではなく、家族全員がしっかりと納得した形で受け入れ、応援できることではないかなと思います。

お給料が下がるかもしれないリスクなども踏まえ、それでもがんばってほしい!と思える仕事だと家族も応援のしがいがありますよね。

今がブラック企業勤めの方だったりすると、本当に体を壊してからでは遅いですし、心身ともに健康なことが一番大切かなと私は夫の転職を経て思いました。

まずはしっかりと家族で話し合い、どうして辞めたいのか、やめた後の具体的なプランなどについて一緒に考えていくことが大切なのではないかな、と思います。

おすすめ関連記事

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

おすすめPR

おすすめPR

関連コンテンツユニット

-あさイチ, 暮らし