あさイチ 子育て

-

あさイチ発達障害のグレーゾーンと言われたら?診断やサポートを受けるべきときとは

発達障害の受け止め方

4月16日のあさイチで特集された「子供のグレーゾーンの発達障害」についてまとめてみました。
ハッキリと目に見えるものではないだけに悩みがちなグレーゾーンの発達障害についてや、サポートを受けることができる機関、サポートを受けるべき時とはどんな時なのかといったこともご紹介します!

スポンサーリンク

発達障害のグレーゾーンとは?

発達障害のグレーゾーンとは、はっきりと診断がつかず「そうかもしれない」という状態の子のことです。

健診や幼稚園・保育園などで「そうかもしれない」と言われ、専門機関を受診するように言われるも年齢が低いことなどからはっきりと診断がつかないケースがあります。

ですが「そうかもしれない」とはっきりと診断がつかない状態でもあるため不安に感じる親御さんも少なくありません。

出来ないことがあると「やはりそうなんだ」と不安になったり、そうじゃないと思いたい気持ちから苦手なこともがんばらせてしまったり・・・。

中には「はっきりと診断はつくのは本人にレッテルを貼るようでかわいそうだ」とご家族が反対し、診断を先延ばしにしているケースもあるそうです。

ですが診断がつくのは本人にとっても家族にとってもいい面もあり、発達障害だとわかったほうが子育てが無難になる、子育てが手堅くなると専門家の先生がおっしゃっていました。

発達障害の特徴に早く気が付いたほうがそれに合わせたサポートやサポートの仕方を親も教えてもらうことができるようになることがあります。

サポートを受けることができる機関とは?

診断がつくきっかけとなるのが
・1歳半健診
・3歳児検診
・幼稚園や保育園
・小学校
・中学校
などです。

そこからサポートを受けるための機関として利用できるところは年齢や地域によっても大きく変わってきます。
そのため、まずは地域の情報を集めることが大切です。

相談機関としては地域によっても異なりますが
・子育て支援センター
・保健センター
・児童発達支援センター
・発達障害支援センター
などがあります。

スポンサーリンク

どのようなサポートが受けることができるかというと、一例ですが
・ペアレントトレーニング・・・子供の行動を理解し、接し方を学ぶ
・ペアレントメンター・・・同じ環境にある先輩の親に相談することができる

などの支援が様々な自治体で行われています。

まずは悩んだら自治体に相談してみるのがよさそうですね。

サポートを受けたほうがいいときとは?

お父さんお母さんが育児をしている中で「何か足りないな」と感じたとき。
診断がつきサポートを受けることができるようになるとより子育ての手助けとなります。

もう1つは「こじれ」の状態が出てきたとき。

子供が人生の中で好きなことややりたいことがどんどん増えているというときはそれほど医療機関を受診する必要はない、
逆に嫌なこと、避けたいことが増えてきているときはサポートを受けることで変わっていく面もあるということでした。

まとめ

私も子供が2人いるので、とても興味深く放送を見ました。
少しでもお子さんの発達障害に関することで悩んでいる方の参考になれば幸いです!

おすすめ関連記事

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

おすすめPR

おすすめPR

関連コンテンツユニット

-あさイチ, 子育て
-