グレーテルのかまど

グレーテルのかまどモモの巻きパン・ホットチョコレートのレシピ&作り方

2018/01/24

モモの黄金の朝ごはんのレシピ
1月22日のグレーテルのかまどで放送されたミヒャエル・エンデのファンタジー「モモ」に登場する「黄金の朝ごはんの巻きパン・ホットチョコレート」の作り方をまとめてみました!
時間泥棒から人々の時間を取り戻すべく立ち向かう女の子モモのお話の中に出てくるホットチョコレートや巻きパン、はちみつ、バターなどの素敵な朝食のレシピです。

スポンサーリンク

モモの黄金の朝ごはん

巻きパン 6個分

クロワッサンのような巻いて作るパンですが、中心に向かってぐるぐると巻いたパンです。

材料

薄力粉 40g
強力粉 16g
薄力粉:強力粉 1:4の割合用意します。
冷たい無塩バター 12g
グラニュー糖 10g
塩 4g
スキムミルク 6g
ドライイースト 4g
無塩バター(生地に折りこむ分) 60g
強力粉(打ち粉) 適量
水溶き卵 卵Mサイズ1個 水50ml

バター
はちみつ

作り方

1、薄力粉と強力粉を混ぜてふるっておく。
そこに冷たいバターを加える。
カードで切りながら細かく刻み、塊がなくなるまで混ぜる。

2、砂糖と塩を加える。
さらにスキムミルクを加えて混ぜ合わせる。
☆スキムミルクを入れることで、焼いたときの色づきがよくなります。

3、水で溶いたイーストを加えてこねる。
カードで切りながら混ぜ、同じ固さに整える。
丸くまとめる。

4、ボウルに生地を入れ、ラップをかけて30度で60分間発酵させる。
その後生地を休ませる。

5、台に打ち粉をしてバターを10㎝×10㎝の大きさになるように麺棒でたたいて伸ばす。
もう一度打ち粉をし、発酵させた生地を15㎝角に麺棒で伸ばす。

6、生地の上に伸ばしたバターを乗せる。
生地の端を中心に乗せるようにして、バターを包む。

7、綿棒で長さ45㎝に伸ばす。

8、伸ばしたら生地を三つ折りにする。

9、ポリ袋で包み、冷凍庫で30分休ませる。

10、生地を伸ばし、たたみ、休ませる工程を2回繰り返す。
続いて生地を今度は20㎝×35㎝に伸ばす。
全体に霧吹きで水をかける。

端から巻いていく。

11、生地を6等分に切る。

12、天板に切った生地を断面を上にして乗せ、30度で60分発酵させる。

スポンサーリンク

13、溶き卵に水を加えて混ぜ合わせ、水溶き卵を作る。
それを発酵させた12の生地の上にハケで塗る。

14、200度のオーブンで15分間焼く。

物語のようにバターとはちみつをたっぷりかけていただきます。

ホットチョコレート

材料

生クリーム 100ml 脂肪分35~40%のものがおすすめです
スイートチョコ 100g カカオ60%以上のものがおすすめです
シナモン 適量
牛乳 400ml

作り方

1、生クリームを鍋に入れて、火にかけ沸騰させる。

2、チョコレート砕いてボウルに入れ、1を注ぐ。
泡だて器で中心からよく混ぜ合わせる。

3、牛乳とシナモンスティックを別の鍋に加え加熱する。
2のチョコレートに加えて溶かし混ぜる。

4、飲む直前に茶こしでこしながら鍋に戻す。
泡だてながら温めるカップに注いで完成です。

まとめ

モモは大好きな本なので、今回はすごく楽しみにしていました!
印象に残るシーンはたくさんありますが朝ごはんのシーンに注目してみるととてもおいしそうなものを食べていたんですね。
小さいころ読んだときは食器などの形の空想に気を取られ、それほど気にしていませんでした。

実際に作って、お話のワンシーンを再現してみたいと思います!

おすすめ関連記事

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連コンテンツユニット

-グレーテルのかまど