世界一受けたい授業 暮らし

-

世界一受けたい授業火山噴火に備えたい防災グッズベスト3!1位はヘッドライト!

火山が噴火したときに備えたい防災グッズ

4月21日の世界一受けたい授業で放送された「火山が噴火したときに備えたい防災グッズベスト3」をご紹介します!
富士山など活火山がある日本では、いつ火山が噴火してもおかしくありません。
もしもの時に備えて、自宅に置いておきたい防災グッズをご紹介します!

スポンサーリンク

マスク&ゴーグル

第3位はマスクとゴーグルです。

火山が噴火した際に舞い散る火山灰はとても粒子が細かく、またそのほとんどが顕微鏡で見てみると砕け散ったガラスだったりします。

そのためコンタクトレンズの人は目に入ると角膜を傷つけたり、炎症を引き起こす可能性がありとても危険なんですね。
目を守るためにそろえておきたいのがゴーグルです。

また、吸い込んだ場合ものどの炎症を引き起こすなど危険なので外出する場合はマスクが必須です。
髪の毛や服についたものもとりにくいので、レインコートもあると便利ですね。

※火山が噴火した場合はむやみに外出しないようにすることが大切です。
どうしても外出する際にはマスク、ゴーグル、レインコートを着用してください。

ラップ

第2位はサランラップです。

火山灰はとても粒子が細かいため、窓を閉めていても室内に入り込んでしまいます。
この時に怖いのが、静電気を帯びているパソコンなどの電子機器が火山灰を吸い込み故障してしまうことです。

ラップがあれば、電子機器を故障から守ることができます。

方法はラップで電子機器をぐるぐるに巻いてしまいます。
そうすれば細かい粒子からも守ることができるので、1つそろえておきたいですね。

スポンサーリンク

ヘッドライト

プロがおすすめする第1位の防災グッズはヘッドライトでした。

ヘッドライトであれば、電気がつかなくなってしまった状態でも両手を開けた状態で作業をすることが可能です。
特に火山噴火の場合は、室内に火山灰が入らないように目張りをする作業なども必要になってくる可能性があるので両手が開いた状態にできるというのはとても大切なポイントなんですね。

小さいお子さんがいるご家庭なども、両手が開いているともしもの時に便利ですよね。
家族全員分揃えておきたいグッズです。

災士が厳選した防災グッズセット

楽天1位にもなった、防災士さんが実際に厳選した内容がセットになっている防災グッズも備えとしておすすめです。
個別に買う必要がなく、これ1つで持ち出し用のバッグまで込みで買うことができるので1つ持っておくと安心ですね。

我が家も1つもっています☆

防災士厳選の防災グッズ39点セット【ディフェンドフューチャー】

より充実した内容の52点セットも用意されています。
用途に合わせて選ぶといいですね。


まとめ

災害はいつ起こるかわからないからこそ、日ごろの備えをしっかりとしておきたいですよね。
是非家族で一度話し合い、非常の際の動きなどを確認してみてくださいね。

おすすめ関連記事

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連コンテンツユニット

-世界一受けたい授業, 暮らし
-