あさイチ 果物

-

あさイチ食べ頃のバナナの見極め方&食べ頃を長くキープする保存方法も!

食べ頃になったバナナを最も長くキープする
5月1日のあさイチ、クイズとくもりで放送された「食べ頃のバナナを最も長くキープする方法」をご紹介します!
おいしい食べごろになったらできる限り長くその状態をもたせたいですよね。
そんな時におすすめの方法です。

スポンサーリンク

バナナの食べごろとは?

甘い食べごろのバナナととてもおいしいですよね。

食べごろを見極めるサインは「茎の部分が緑色からしっかりと黄色に変わったとき」です。
ですがひと房一気に熟すので、なかなか一度に食べきることは難しいのではないでしょうか。
バナナは熟しすぎてしまっても真っ黒になってしまい、苦手な方も少なくないと思います。

そんな時にお勧めなのが今回の方法です!

食べ頃のバナナを最も長くキープする方法とは?

食べごろをキープするおすすめの方法は「冷蔵庫で保存する」という方法です。
食べごろになったら冷蔵庫に入れるのがいいんですね。

ちなみに
・常温でアルミホイルに包む
・常温で立てておく

という方法は追熟が進みすぎてしまいます。
※立てておくのはとてもいいのですが、常温に置くと熟しすぎてしまうんです。

冷蔵庫の中では野菜室に入れるのがおすすめです。

是非やってみてくださいね☆

バナナの甘さを決めるものとは?

では、バナナの甘さはどのようにして決まるかご存知ですか?
日本に輸入される品種はほぼキャベンディッシュという品種なため、品種による違いではなく、甘さは産地の標高によって変わります。
高地で取れたバナナほど甘くおいしいものになるんですね。

スポンサーリンク

ちなみに高地産の高級バナナは日本でも3本で約2000円ほどで購入することが可能です。
見かけた際は食べてみたいですね!

まとめ

我が家も家族みんなバナナが大好きなのですが、冷蔵庫で保存していたのでこの方法で合っていたんだ!と嬉しくなりました。
暑い時期は特に熟したら冷蔵庫で冷やしていただきたいですね。
是非覚えておいてくださいね☆

おすすめ関連記事

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連コンテンツユニット

-あさイチ, 果物
-