男子ごはん

男子ごはんフィリピン料理レシピ!チキンアドボ・シニガン

12月6日の男子ごはんでは、フィリピンの家庭料理のチキンアドボとシニガンのレシピが放送されました!
番組に登場したおいしいレシピをご紹介します♪

スポンサーリンク

チキンアドボ

フィリピンのおふくろの味で、鶏肉をにんにくやしょうゆで味付けし煮込んだ料理です。

材料

鶏もも肉
サトウキビ酢
アナトー・・・ベニノキの種子から抽出される食用の染料で黄色や赤色に染めるのに使われます。
にんにく(みじん切りにしてオリーブ油に漬けたもの)
しょうゆ
ローリエ
砂糖

ナンプラー

黒こしょう(パウダー、ホール)

作り方

1.フライパンに鶏肉、ローリエ、にんにく、サトウキビ酢、
しょうゆ、黒こしょう、水を入れ、30分間漬ける。
沸騰するまで混ぜないように中火で15分煮る。

2.別のフライパンを熱し、1の鶏肉のみを加えて焼き目をつける。
先のフライパンに鶏肉を戻し、水で溶いたアナトー、砂糖、塩、
ナンプラーを加える。
味をみて足りなければ塩で調える。
汁気が少し残る程度まで煮詰め完成!

シニガン

材料

有頭エビ(殻ごと)
シータオ(日本のインゲンのような野菜)
カンコン(フィリピンで最もポピュラーな野菜でほうれん草のような味がする)
グリーンタマリンド(またはレモン汁大さじ2)

小さなトマト(未熟のもの)
玉ねぎ
大根
青唐辛子
ナス
ナンプラー

カラマンシー

スポンサーリンク

作り方

1.タマリンドは柔らかくなるまで茹でる。
柔らかくなったらつぶし、皮を外す。
実をよく絞って果汁を出す。
トマトは半分に切る。
ナスは斜め1cm幅に、玉ねぎは半分に切ってから5mmにスライスする。
大根は皮をむいてから1cm幅に切る。
カンコンは葉をとっておく。
シータオは3cm幅に切る。

2.鍋にトマト、玉ねぎ、シータオ、大根、ナス、水を加え、強火にかける。
煮立ったら、塩を加えて中火で15分間煮る。

3.タマリンドの果汁を加える。
エビ、青唐辛子を加えて、約3分間煮る。

4.味をみてカラマンシー、ナンプラー、塩で調える。
火を止め、カンコンを加えて、蓋をし完成!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連コンテンツユニット

-男子ごはん