ジョブチューン 健康

-, ,

ジョブチューン酢や緑茶が糖尿病の発症リスクを下げる。チェックリストも紹介します。

2018/10/14

糖尿病の発症リスクを下げる

10月13日のジョブチューンで放送された「糖尿病の発症リスクを下げる方法とリスクのチェック方法」をご紹介します!
合併症が怖い糖尿病ですが、予防改善につながる効果があります。
血糖値に気になる方は是非やってみてください。

スポンサーリンク

糖尿病チェック方法

正常な人の血糖値は140以内ですが、常時140以上だと高血糖となり糖尿病になる危険性が高くなります。

糖尿病は将来的に失明や足の壊死、透析の危険性などもあり目には見えませんがとても怖い病気です。
2型は日ごろの食生活や生活習慣が大きくかかわってきます。

では自分でできるチェックリストがあるので、チェックしてみてください。

1、朝食を食べない。
2、家族や親せきに糖尿病の人がいる。
3、朝昼晩いずれかの食事は5分以内に済ませる。
4、甘いものを毎日食べる。
5、夕食はよく午後9時以降に食べる。
6、定期的な運動はしない。
7、睡眠時間6時間以下の日が1週間で1日でもある。
8、ちょっとしたことでイライラする。
9、20歳の時とくらべて体重が10キロ以上違う。

いかがだったでしょうか?

3個以上当てはまると糖尿病になるリスクが高くなります。

食事は一気食いすると血糖値が急上昇しやすくなってしまうため、15分以上かけてゆっくり噛んで食べるのが大切です。

体重は20歳の時の体重がベストといわれています。
太るとインスリンの危機が悪くなり、リスクが高くなってしまうため太りすぎないようにすることも糖尿病予防にはとても大切です。

またやせすぎもよくなく、筋肉がないと糖代謝が悪くなってしまいます。
そのため痩せすぎている人は筋肉をつける筋トレやたんぱく質を摂取するなどの改善がおすすめです。

予防に効果的な飲み物や食べ方とは?

では予防に効果があるといわれている食材をご紹介します。
是非毎日の食生活に取り入れてみてくださいね。

緑茶を飲む

1日に6杯以上飲む人は発症リスクが約3割低いというデータがあるそうです。
1日500mlのペットボトル2本くらいが目安です。

スポンサーリンク

緑茶のなにがいいのかというと、カフェインなんだそうです。
カフェインは基礎代謝を上げる効果があるため、予防に効果が期待できます。

もちろんコーヒーなどもカフェインが含まれているので、コーヒーなどでもいいということでした。

ただ緑茶はカテキンも豊富ですし食事の際に飲む方も多いと思うので、緑茶を意識して選ぶようにするといいかもしれませんね。

必ず朝食を食べる

朝食を抜くとその後の血糖値が急激に上がりやすくなってしまいます。
必ず朝食は食べるのがおすすめで、無理な場合はコーヒーや牛乳などの飲み物だけでも飲むようにするのがおすすめです。

お酢を15ml飲む

食前にお酢を摂取すると食後血糖値の上昇を抑える効果が期待できます。

水で薄めて飲んでも大丈夫ですし、酢の物などの食事にして食べても大丈夫です。

まとめ

是非やってみてくださいね。

おすすめ関連記事

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連コンテンツユニット

-ジョブチューン, 健康
-, ,