LIFE.net

TVで話題のレシピを中心に、ダイエットや暮らしに役立つ情報をご紹介します。

暮らし

-

あさイチ点描画メイクのやり方。のっぺりしないファンデの塗り方を紹介。

点描画メイクのやり方

NHKあさイチで放送された「点描画メイクのやり方」をご紹介します。
点描画からヒントを得た、赤系のパウダーと青系のパウダーを使って顔に立体感を持たせ、素肌に近い状態になる塗り方です。

スポンサーリンク

点描画メイクのやり方

人の素肌はきれいな素肌に見える色でも実は様々な色が点在しています。
まるで点描画のように色が点在しているんです。

そこにヒントを得たのが今回の方法です。

用意するもの

赤系のパウダー
青系のパウダー

どちらもラメやパールは少ないものを用意します。

青は後退色と呼ばれる色で、奥まって見える効果があります。
逆に赤は進出色で、前に出て見せる効果があります。

この2つを組み合わせることで自然な「ムラ感」を出すことができ、のっぺりした感じから自然な素肌感に近づけることが可能です。

やり方

1、ファンデーションをいつも通り塗る。

2、青系のパウダーを3本の指に取り、スタンプを押すように頬の片側当たり6回ずつスタンプをする。
頬の上、真ん中、少し下の位置というように3か所に2回ずつスタンプします。

3、赤系のパウダーを3本の指に取り、同様に3回ずつ、左右6回スタンプする。
なじませすぎないようにして少し指でなじませる。

これで完成です。
ただファンデを塗ったときよりも、自然な奥行きがでてはっきりとした顔立ちにすることができます。

ちなみに番組に登場した、初めからカラフルなカラーのパレットで出来ているファンデはポーラの商品です。
「ディエムクルール」というもので、さっとなじませるだけで同じような効果が期待できます。

持っているだけでもテンションが上がるかわいいデザインですよね。

スポンサーリンク

まとめ

ファンデは均一にむらなく塗る、というのがこれまでの概念の1つにあったと思うのですがより自然な素肌感がある仕上がりがトレンドになってきているとも言えますね。
舞妓さんのような感じではなく、きちんと凹凸も感じられるようなメイクが自然というのは確かにわかる気がします。

ひと手間なので、是非試してみてくださいね。

おすすめ関連記事

こちらもおすすめです。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連コンテンツユニット

-暮らし
-