LIFE.net

TVで話題のレシピを中心に、ダイエットや暮らしに役立つ情報をご紹介します。

暮らし

あさイチ静電気対策になる髪の毛の乾かし方。セットが1日中保てる!

静電気対策になる髪の毛の乾かし方

12月17日のNHKあさイチで放送された「静電気が起こりにくい髪の毛の乾かし方」をご紹介します☆
プロが教えてくれる一日中スタイルが保て、髪の毛のパサつかない静電気対策にもなる髪の毛の乾かし方、セットの仕方です。

教えてくださるのは生活用品メーカーでヘアケアを研究されている研究員の方です。

スポンサーリンク

髪の毛は静電気が起きやすい!

冬場は静電気で髪の毛がまとまらなくなってしまったり、髪の毛をとかすだけでも静電気のせいでぼさぼさになってしまうということがありますよね。
今回はプロが教えてくれる、しっかりと髪の毛がまとまり帯電しにくくなる方法をご紹介します☆

まず、どうして帯電しやすいのかというと、櫛や洋服などに髪の毛がこすれることで静電気が起きやすくなってしまいます。
髪の毛はおよそ10万本もあるため、起きやすいんですね。

ヘアブラシの選び方

そのため、ブラシは目の粗いものを選んであげると、こすれる場所が減るため起きにくくすることができます。
また、毛先の絡まりを取るためにもいったん下から少しずつほどくようにしてブラシをかけ、その後全体をかけるようにしてあげるのがポイントです。

静電気が起こりにくい髪の毛の乾かし方

さらに髪の毛がパサついていると、静電気を帯びやすくなってしまいます。

そこで対策としておすすめなのがブラシをかける前に「しっかりと乾かす」ということ。

ただしっかりと乾かすといっても根元から毛先まで乾かすにはポイントがあります。

プロが教えてくれる、乾かし方はというと、ドライヤーの当て方にコツがいるんです。

根元をしっかり乾かすことはもちろん大切ですが、根元に当てるのではく「毛先に当てるように」ドライヤーを使うと根元から毛先までしっかり乾かすことができるようになります。

スポンサーリンク

根元から毛先に向かって風を流すようにして当てることが大切なんですね。

そうすると、乾いた後の髪型を1日中キープすることができ、パサつきも抑えられるんだそうです。

まとめ

静電気防止リングなどの便利グッズもありますが、できれば痛い思いをしたくありませんよね。
髪の毛もばっさばさになりがちですが、しっかり乾かすことが対策になるということで簡単にできるのではないでしょうか。

是非試してみてくださいね。

おすすめ関連記事

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連コンテンツユニット

-暮らし