【ライフドットネット】 話題のレシピから料理のコツまで。野菜ソムリエNamiが運営するレシピサイト。

LIFE.net

美容

簡単な美尻の作り方。テレビで話題の体操から歩き方、筋トレも紹介。

更新日:

ストッキングで作る美尻バンドの作り方とトレーニング

引き締まったお尻は後ろ姿も若々しく見えますし、スタイルもとてもよく見えますよね。
パンツスタイルなどもかっこよく決まるため、最近とても注目されています。
今回は『簡単な美尻の作り方』として、テレビなどで話題になった簡単にできる方法をまとめてみました。

筋トレから手軽にできる体操、歩き方のコツ、さらには服の選び方で美尻に見せる方法まで詳しくご紹介しています。
できることから是非試してみてくださいね。

スポンサーリンク

美尻は見た目だけではなく健康にもつながる

お尻の垂れは、見た目の美しさだけではなく筋肉の減少に伴うものなので、高齢になると寝たきりになってしまう危険性もあるなどしっかりと鍛えることで将来にわたって若々しく過ごすことができる重要な部位です。

お尻はどうして垂れるの?

20代と40代の筋肉量もかなり違い、一般的には40代では筋肉が落ち、脂肪が多くなってしまいます。
実は3つの段階を経て垂れてしまい、

1、たわむ。
2、下がって視覚に。
3、側面がそげて内側に流れる。

という流れで垂れていってしまうんです。
40代の半数が3つ目の段階まで進んでしまっているそうです!

筋肉が減ることで、脂肪や皮膚を支えることができなくなってしまい、結果洋ナシのような形やピーマンのような形になってしまうんですね。

ですがしっかりと鍛えることで、何歳からでも美尻を目指すことは可能です!
では方法をご紹介します☆

美尻になる歩き方

年齢を経てもお尻のシルエットが変わらない人というのがいます。

それは歩幅が広く、歩く速度が速い歩き方をしている人です!

姿勢よく、歩幅をしっかりと大きくスタスタ歩きことがとても大切なんですね。
歩幅を広くすることでしっかりと筋肉を使うことができます。

そうするだけで特別なスポーツなどしなくても美尻はキープできるんです。

歩き方を変えるだけで3か月で5㎜ヒップアップ、1年続けると3㎝上がったというデータもあります。
(下着メーカー調べ)
ウォーキングって本当に大切なんですね。

ポイント

1、大股でしっかりとひざを伸ばしてかかとから着地する。

2、しっかりと後ろの指でけりだす。
ひざの後ろが伸びていることを意識する。

理想の歩幅

身長×0.45が理想の歩幅です。
もしくはいつもの歩幅+10㎝を意識するだけでも違います。

160㎝の人は72㎝程度です。
是非意識してみてくださいね。

階段を使うだけでも変わる!

日ごろ階段を使って意識して上るだけでも違います。
足を乗せたら骨盤を水平にしたまま、ひざをぐっと伸ばし、お尻に力が入っていることを意識して上るとヒップアップにつながります。

エスカレーターやエレベーターはなるべく使わず、日ごろから階段で上り下りするようにしたいですね!

美尻ゴムバンドを使った筋トレのやり方

しっかりと鍛えたい!という方におすすめなのがゴムバンドを使った筋トレです。
NHKごごナマやダイエットの企画番組などで話題になりました。

美尻バンドとはヒップアップトレーニングで活用できる、足にはめて負荷をかけることができる筋トレグッズです。
市販のものもありますが、ご家庭にあるストッキングでも代用することができます。
まずはストッキングで作る方法をご紹介しますね。

用意するもの

厚手のストッキング(タイツ) 3つ

作り方

1、ストッキングの両端を縛り、輪を作る。

2、これを3本作ります。

ちなみに市販されているものがこちらです。
ちゃんとしたものを使いたい!という方はこちらがおすすめです。

スポンサーリンク

美尻バンドトレーニング 特製ゴムバンド付き (講談社の実用BOOK)

まずは手軽に試してみたい、というときにストッキングを使った方法は手軽でいいのではないでしょうか。

続いてこのバンドを使ったトレーニングのやり方をご紹介します。
スクワットやお尻をぐっと上げるトレーニングなど、こちらの記事に詳しくまとめているのでよろしければご覧ください。

美尻トレーニングのやり方。筋トレで引き締まったお尻に!

1分~5分でできるエクササイズ

もう1つ、1分~5分で手軽にできるエクササイズもご紹介しています。

1つはボールペンをはさみ落とさないようにすることでお尻を鍛えることができるエクササイズ。

もう1つは道具なしで1分で、その場でできる方法です。

どちらも家事の合間にできるのでおすすめですよ。

あさイチのヒップアップエクササイズ3選。3週間で変わる体操を紹介。

美尻に見えるパンツ選びのコツ

続いて「美尻に見えるパンツ(ボトム)選びのコツ」をご紹介します。
カリスマスタイリストさんが教えてくれる、誰でも美尻に見せることができるパンツの選び方のポイントです。
洋ナシ型のお尻の人やピーマン型の人などタイプ別のおすすめをご紹介します。

まずウエストとヒップは上半身と下半身をつなぐつなぎ目の部分なので、つなぎ目を見せないとドラム缶のようなシルエットになってしまいます。

パンツの場合はバックポケットがないものだと、おしりそのものが目立ってしまうのでバックポケットがついているものを選びます。

洋ナシタイプの人の場合

洋ナシタイプの人はインベルが太いパンツがお勧めです。

インベルという切り替えの部分は1㎝太いだけで1キロ-程度の効果があります。
ウエストと細く見せる効果があるのでふと目がおすすめです。

縦に入った縫い目のものも目の錯覚で細く見せる効果があります。

柔らかい素材でなだらかなラインを作るのもおすすめです。

ピーマンタイプの人の場合

内側に向かって下がるV字のバックポケットがついているものがおすすめです。

股上が深いものもウエストを細く、足長に見せる効果があります。

水玉模様もお尻から視線を逸らす効果がありおすすめです。

避けたほうがよいデザインとは?

外側についているバックポケットやハの字についているバックポケットのものはお尻が大きく見えてしまうのでNGです。

避けたほうがよいスカート

洋ナシ体型の人はプリーツスカートは広がってしまうのでNGです。
おすすめはウエストを強調したデザインのものです。

ピーマン型の人は台形シルエットのものはドボンとしたシルエットに見えてしまうのでNGです。
おすすめはストレートタイプのデザインです。

意識して選んでみてくださいね。

ガードルで美尻に

もう1つ、下着で補正するという方法もあります。
年齢を重ねると気になるガードルですが、正しく着用できていないとむしろ逆効果になることも。

『おしりのブラジャー』とも呼ばれるアイテムなので、上手に活用できればきれいなシルエットを手軽に手に入れることができます。

体系別の選び方や正しい履き方もご紹介しているので、気になる方はチェックしてみてくださいね。

ガードルの正しい履き方と選び方。本当は履かないほうがいいの?

是非試してみてくださいね。

おすすめ関連記事

その他にもダイエットに役立つ記事を多数ご紹介しています。
是非併せてご覧ください。

ダイエットの記事一覧

こちらもおすすめです。




\ レシピ動画も配信中 /
YouTubeでレシピ動画も配信しています。
チャンネル登録も是非よろしくお願いします。

スポンサーリンク

おすすめ記事

クリスマスに作りたい!簡単レシピ13品。子供に人気の料理も紹介。 1

スポンサーリンク 『クリスマスにおすすめな簡単にできて美味しい人気のレシピ23品』をご紹介します。 おしゃれでかわいい見た目の料理から、子供が喜ぶメニューまでクリスマスパーティーにも役立つレシピをまと ...

あさイチの手作りマスクの作り方。動画と画像で紹介!立体型マスク。 2

スポンサーリンク NHKあさイチで話題になった『手作りマスクの作り方』をご紹介します。 新型コロナウイルスで不足しているマスクを手作りできる方法で、花粉症対策にも便利です。 ミシン不要で、手縫いで25 ...

合格!野菜ソムリエの試験の難易度とかかった費用の体験談を紹介。 3

日本野菜ソムリエ協会が認定している『野菜ソムリエ』の資格取得試験に無事1発で合格しました。 スポンサーリンク そこでこれから受験を考えている方の参考になればと思い、実際の試験の難易度と取得までにかかっ ...

老け手を解消するお手入れ方法。プロが勧める手の甲のケアも紹介。 4

ふと自分の手元を見た時に、しみやしわが気になりがさがさになっていてショックだったことありませんか? スポンサーリンク 老けて見える手、つまり老け手とはしみやしわ、さらには血管まで浮いている手のこと。 ...

-美容
-,

© 2020 LIFE.net Powered by AFFINGER5