LIFE.net

TVで話題のレシピを中心に、ダイエットや暮らしに役立つ情報をご紹介します。

健康 美容

名医のTHE太鼓判お尻のこり解消法とチェック法。ソフトボールで冷え性改善にも効果的。

ソフトボールを使ったお尻の凝り改善法。

2月25日の名医のTHE太鼓判で放送された「ソフトボールを使ったお尻のこりの改善法」をご紹介します。
冷え性の原因になることもある自分のお尻の凝りが分かる簡単なポーズ「弥勒菩薩ポーズのやり方」もご紹介します。

是非試してみてくださいね。

スポンサーリンク

お尻のこりが冷え性の原因になることも

実はお尻の筋肉が衰えると睡眠や腰痛、冷え性にも影響を及ぼすことが分かっています。
逆のことを言えば、お尻をしっかりケアしてあげれば冷え性や腰痛改善につながることがあるというわけです。

お尻の凝りをほぐしてあげることで、冷え性と睡眠の両方を改善することも可能なケースもあります。
番組ではタレントのかとうれいこさん50歳が実践され、効果を得ていました。

凝っている状態だと、軽く押すだけで痛みが出ることがあります。
ではなぜ凝っていると冷え性になるのかというと、中の方の梨状筋という筋肉が凝り、坐骨神経を圧迫します。
その結果脚の血管を締めることにつながり冷え性になってしまう、という流れなんです。

この梨状筋はお尻の中でも最も凝りやすい筋肉です。

またこれが睡眠にも関係しており、人は足裏などから汗をかき体温を下げることで脳の眠りスイッチを入れています。
ですが足が冷えているとこれがうまくいかず、眠りのスイッチが入らず良質な睡眠を得ることができなくなってしまいます。

スポンサーリンク

お尻の凝りがチェックできる「弥勒菩薩(みろくぼさつ)のポーズのやり方」

1、椅子に座り、太ももの上にもう片方のくるぶしを乗せる。

2、肘で膝を押し下げるようにして、身体を前に傾ける。

膝が水平以下まで下がらなければお尻が凝っている可能性があります。

ソフトボールを使ったお尻のこりの改善法

こり解消におすすめなのがソフトボールを使った方法です。
筋肉はこると筋繊維が固まって動かなくなりますが、ボールを使うことで筋繊維を意識的にほぐすことができます。

1、あおむけに寝転んだ状態で、片方のお尻の下にソフトボールを置く。
場所はお尻のボリュームがある部分のど真ん中です。

2、体重をかけて左右1分ずつこりをほぐしていきます。

1週間続けた効果は?

番組ではかとうれいこさんが1週間このこりほぐしを実践され、足先をみたサーモグラフィーの映像で足先まで冷えていたのが以前よりも血流がよくなっていることがわかりました。

寝転がってできるのでテレビを見ながらや、スマホを見ながらでもできる点が手軽でいいですよね。

ソフトボールはスポーツ店の他、ネットでも購入可能です。
Amazonでも取り扱いがありました。
内外ゴム(NAIGAI) ソフトボール3号 公認球

冷えに悩んでいる方は是非試してみてくださいね。

おすすめ関連記事

こちらもおすすめです。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連コンテンツユニット

-健康, 美容