LIFE.net

TVで話題のレシピを中心に、ダイエットや暮らしに役立つ情報をご紹介します。

健康

-

ガッテン!首のこりを改善する体操のやり方3つ。原因と解消法を紹介!

NHKガッテンの首のこり改善法

2月13日のNHKガッテン!で放送された首のこりを改善してくれる体操「イヤイヤ体操、うなずき運動、あご引き運動のやり方」と首の回転角度の測り方をご紹介します。
辛い肩こりですが実は首の奥の筋肉のこりが原因で起こっている可能性があります。
理学療法士さんが教えてくれる、自宅で簡単にできる方法です。

是非試してみてくださいね。

スポンサーリンク

首のこりと肩のこりを混同している可能性が

肩こりがひどいという状態は意識している方も多いと思いますが、中には首のこりなのに肩の凝りだと思っている方も多いそうです。

肩こりの原因となりやすいのは僧帽筋と呼ばれる筋肉です。

ですが首のこりの原因となっているものの多くは「後頭下群筋」と呼ばれるものです。

原因の1つには同じ姿勢でずっといることなどが挙げられます。
同じ姿勢でのデスクワークなどもこれに当てはまります。

その他にも首を動かさず、目だけ動かすような動きもこりを生んでしまう原因となることがあります。

今回はその後頭下群筋を緩めることで、こりを改善する方法をご紹介します。

首の回転角度の測り方

まずは自宅でできる首の回転角度の測り方をご紹介します。
自分が今どれくらい首がこっているか確認することができます。

スポンサーリンク

1、壁に背中をつけて、肩が動かないようにする。

2、正面に手を伸ばし、角度を壁から3分割した位置に移動させる。
この2つ分で60度ということになります。

3、ゆっくりと首を回し、鼻先が向いた角度を測定する。

4、鼻先で分かりにくい場合は割りばしを咥えて行うとわかりやすくなります。
時計の文字盤の2時と10時の角度が60度です。

痛くない範囲で確認してみてください。

イヤイヤ体操のやり方

続いて首のコリの改善に効果が期待できる体操のやり方をご紹介します。
まず初めに後頭下筋群のこりを緩める体操です。

1、座って目は閉じた状態でゆっくりと首を左右に動かす。
小さな角度で左右に動かすのがポイントです。

20往復で1セット、1日3セット行います。

うなずき運動

同じく後頭下筋群のこりを緩める体操です。

1、座って目は閉じた状態でゆっくりと首を上下にうなずくように動かす。

ゆっくりと行います。
少し上を向いてうなずくのがポイントです。

20回を1日3セット行います。

あご引き運動

最後は緩めた後頭下筋群をストレッチさせる運動です。

1、これまでと同じ姿勢で、ぐーっと下を向き顎を引く。

3秒伸ばしてから戻の位置に戻り、緩める。

10回を1セットとして、1日3セット行います。

まとめ

肩のこりだと思っていた首のこりが改善することで、少しでも楽になれたらいいですよね。
座ってできる体操なので、是非試してみてくださいね。

おすすめ関連記事

こちらもおすすめです。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連コンテンツユニット

-健康
-