世界一受けたい授業 病気対策法・健康

世界一受けたい授業血圧サージの原因とは?対策にはわかめの酢のものがおすすめ!

2018/01/13

血圧サージ対策法

1月13日の世界一受けたい授業で放送された「血圧サージの原因・対策法」についてまとめてみました!
「血圧サージ」とは異常な血圧変動のことで、特に一月や入浴中などに注意が必要です。
血圧を下げる効果があるといわれている食材もご紹介します!

スポンサーリンク

血圧サージとは?

血圧サージ」とは「異常な血圧変動」のことです。

今回のテーマとなっている血圧サージの「サージ」とは波という意味で、急上昇する血圧のことです。
このサージがある人とない人では脳卒中の発生率が2.5倍も違うということもわかっています。

日ごろの測定でずっと正常値であっても24時間で計測すると血圧があるとき突然急上昇してしまう時がある人がいます。

血圧の急な波が増えると血管が傷つき、動脈硬化につながる原因になってしまいます。
特に起こりやすい時間が夜から早朝にかけてです。

若い人でも要注意で、ストレスや睡眠不足、過度な飲酒などでなってしまうこともあります。

そのため年齢にかかわらず、できる限り急激な波を起こさないように管理することが大切なんですね。

血圧サージの原因とは?

原因その1、入浴

では一体何が血圧サージの原因になるかというと、「入浴」が大きな一因となっています。
寒い場所で血圧が上昇し、その後熱いお湯に入ると血圧が一気に低下します。
これだけでも急激な変化が起こるんですね。

入浴中の突然死の一因にもなっています。

対策としては
・あらかじめ脱衣所を温めておく
・お風呂場を温めておく

などです。

お風呂に暖房がついている方はつけておいたほうがいいでしょうし、ない場合もお風呂の蓋は開けてお湯を沸かすだけでも浴室内が温まります。

原因その2、月曜日

お休みあけの人が多い月曜日は心筋梗塞の割合がほかの曜日に比べて30%も増えることがわかっています。

月曜日に関わらず、お休みあけの曜日は注意が必要ですね。

その他の原因

その他にも・・

・過度な飲酒
・喫煙
・激しく怒る

などが原因になります。
心当たりがある方は注意したいですね。

また

こちらの記事でも触れていますが、ほんのささいなことでも血圧は上がるのでチェックしてみてください。

おすすめの対策

有酸素運動

対策としては「有酸素運動」がおすすめです。
血液の循環がよくなり、体内の余分な塩分が排出されます。

スポンサーリンク

自宅ではスリッパを使う

室温が20度の時と10度の時で比べると、20度の時の平均最高血圧が122mmHgだったのに対し10度の時は131mmHgと、9mmHgも違うというデータがあります。

そのため足元の冷え対策に寒い冬にはスリッパを着用するのがおすすめです。

わかめ・お酢を食べる

血圧を下げる効果がある食べ物としておすすめなのが「わかめ」と「お酢」です。

わかめに含まれている「わかめペプチド」という成分には血圧を下げる効果が期待できます。
さらにお酢に含まれている「酢酸」には血圧や血中コレステロールを下げる効果が期待できます。

そこでおすすめのメニューが「わかめの酢のもの」です。

お酢には血糖値の急激な上昇を抑える効果もあるので、食事の一番初めに食べるのがおすすめです。
簡単にできるメニューな点も嬉しいですね。

その他の血圧を下げる効果がある食材・レシピ

その他にもこんなレシピや食材がおすすめです。
お好きなものを選んで是非生活に取り入れてみてくださいね。

まとめ

血圧ってとても簡単なことで上がってしまうというのがびっくりですよね。
特に寒い冬は様々な病気のリスクが上がるようですし、血圧を気にしている方はより注意が必要かもしれません。

血圧低下におすすめのレシピなども紹介しているので、是非合わせてチェックしてみてくださいね。

おすすめ関連記事

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連コンテンツユニット

-世界一受けたい授業, 病気対策法・健康