美容

-, ,

リンパずらしのやり方。主治医が見つかる診療所で話題の小顔マッサージ法!

リンパずらしのやり方

11月8日の主治医が見つかる診療所で放送された「小顔になれる美顔マッサージ、リンパずらしのやり方」をご紹介します☆
リンパ浮腫療法士の米原恵理子さんが提唱されている美容法で、流れが滞っているリンパの細胞の隙間にたまってしまったタンパク質や水分を改善することでほうれい線が消え小顔になれる方法です。

スポンサーリンク

リンパずらしとは?

誰もが憧れる小さくてかわいらしい「小顔」ですが、年齢とともにたるみ、ほうれい線なども気になってきますよね。
フェイスラインがすっきりするだけでも整形などせずとも自分の顔をサイズダウンして見せることができます。

先生の専門はリンパ浮腫ですが、マッサージなどで治療を行って見えるそうです。
つまりむくみの専門家なんですね。

リンパが老廃物を流す経路です。
体中にありますが、中にはリンパ液が流れ、老廃物などを集め排出する役割を持っています。

この老廃物が溜まってしまうと、
・顔の重み
・たるみ
・しわ
・くすみ

など数々の恐ろしいものの原因となってしまいます。

リンパずらしでは、この滞りを流すことでたるんだあごのラインやほうれい線も10日でしゅっとさせることができるそうです!

やり方

ではやり方をご紹介します☆

準備運動 肩回し

まずは準備運動から行います。

肩の鎖骨の奥に、全身のリンパ液が入るゴールとなる場所があります。
ここが詰まっていると老廃物が流れず、顔のむくみの原因になってしまいます。
そのためまずそこのリンパ管の流れを活性化させます。

1、鎖骨が大きく動くのを意識しながらできる限り大きく、後ろに5回肩を回す。

鎖骨のリンパずらし

ではいよいよ本番です!

1、手をクロスさせて、鎖骨のくぼみに手を当てる。

2、指の腹で、やさしくゆっくりと、鎖骨のくぼみの皮膚をずらすように5回回す。

力加減が最も大切で、グイグイやる必要はありません。
力の入れすぎは要注意で、強く押すと逆に流れが悪くなってしまいます。
押す、という感覚では強すぎになります。
触れる程度が目安です。

続いて首に移動します。

1、首に手をあて、先ほどと同じ要領でやさしく皮膚をずらすようにして手のひら全体で回すように5回行う。

2、最後に鎖骨に向かって優しくなでるように流す。

続いては耳です。

1、人差し指と中指で耳を挟み、回すように5回行う。

2、最後に鎖骨に向かって優しくなでるように流す。

あごのたるみを解消する方法

次に、あごのたるみを解消する方法をご紹介します。

1、親指をあごの下に当てる。

2、やさしく耳の方にゆっくりと移動する。
これを5回行う。

目元をぱっちりさせる方法

さらに目元のたるみを解消するくるくるずらしのやり方がこちらです。

1、目の下の骨の部分に指の腹を当てる。

2、やさしくゆっくりと、くるくるマッサージする。

特に皮膚が薄い部分なので、やさしくがポイントです。
大きく動かす必要はなく、小さく行います。

3、まぶたの上の骨に指をあてて、くるくる5回マッサージをする。

スポンサーリンク

4、額に指をあてて5回くるくるする。

5、耳を通し、鎖骨まで優しく流す。

ほうれい線を薄くする方法

まず初めに、舌先を使って行います。
1、鏡を見ながら、ほうれい線を口の中から舌を使って押し出す。

左右5回ずつ行います。

続いて外側からもマッサージをします。
1、ほうれい線のしわのところにぴたっと指をあてる。

2、極力小さな円を描くように、やさ~しくくるくるマッサージする。

回数は?

回数は1日2回、朝晩でOKです。
まずは10日間継続して行ってみてください。

ビタミンEが豊富な食材もおすすめ

さらに、より効果を高めるのであれば「ビタミンE」が豊富な食材を摂取するとリンパの流れがよりよくなり、効果アップが期待できます。

どんなものに豊富に含まれているかというと

・ナッツ
・うなぎ
・かぼちゃ
・ほうれん草

などです。

ビタミンEはサプリでも摂取可能です。
ディアナチュラ ビタミンE 60粒 (60日分)

おすすめのレシピはこちらです。
是非毎日の食事に取り入れてみてくださいね。

まとめ

「リンパ浮腫」という言葉も初めて知りましたが、体の中をめぐっているものなのでメンテしてあげることで整っていく、というのはイメージがしやすいですよね。
力加減が一番大切、ということなのでくれぐれも力をこめずに優しく行ってください。

ほうれい線は高血糖になるリスクが高い人ほど深くなる、というデータもあるそうで

食生活の面でも注意するとより効果を感じることができそうですね。
是非試してみてくださいね。

おすすめ関連記事

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連コンテンツユニット

-美容
-, ,