マツコの知らない世界

マツコの知らないアクアリウムの世界!世界水草レイアウトコンテストがすごい!

2015/09/16

9月15日のマツコの知らない世界では、アクアリウムの世界が放送されました!
案内人は志藤範行さんです。

スポンサーリンク

アクアリウムって?

アクアリウムとは、水に生き物がいる水槽のことをいいます。
昔に比べ最近はとてもこったものが多くなっているのが特徴です。

グッピーの観察は50㎝~1mが最適で、それ以上離れてしまうとグッピーの表情がよく見えなくなってしまいます。
元気なえびほど手足の回転が速いそうなので、購入の際に参考にしたいですね!

逆に大きなアロワナのような魚の場合は健康状態を見るなら1m、泳ぎを見るなら3mほど離れて見るのが最適です。
魚によって楽しみ方が変わってくるんですね!

世界水草レイアウトコンテスト

年に1度アクアリウムのコンテストがあり、2001年から開催されています。
今大会は69か所の国と地域、2545作品と過去最多です!
優勝賞金はなんと100万円にもなるんだとか。

・「森林 生命のサイクル」という台湾の方の作品・・・奥行きがすごい!
・「行くてに」フランス人 2014年グランプリ作品
・「アマゾン」2012年のグランプリ作品 中国人
などが登場しましたがなんと2015年作品は日本人が獲得したんです!
深田崇敬さんの「憧憬」という作品で、水中のアマゾンを表現した作品でとてもきれいでした!

過去のグランプリ作品は公式サイトから見ることが出来ます♪↓
世界水草レイアウトコンテスト

はじめやすいお魚たち

なんといってもアクアリウムに必要なのは
1、魚
2、水草
です!

・ゼブラダニオ・・・インド原産で体長5㎝ 100円~
・ミッキーマウスプラティ・・・尾ひれにミッキーの柄が入っている人気のお魚
・ネオンドワーフ・レインボー・・・色がきれいで人気
・リーフフィッシュ・・・枯葉のような姿の魚
・エレファントノーズフィッシュ・・・象の鼻のような頭が特徴
・ブラックウィズホワイトカイザープレコ・・・白い水玉模様で人気
・アピストグラマ・・・夫婦で卵を守る魚

他にもテラリウムという水陸両用のものもつくれます!
なかなか作り出すとはまりそうですね!
熱帯魚もかわいいですしね♪
是非興味のある方は挑戦してみてください!

スポンサーリンク

★初心者の方はこんなものならはじめやすいかもしれませんね(^_^)/

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連コンテンツユニット

-マツコの知らない世界