ためしてガッテン 病気対策法・健康

-,

ガッテン心房細動チェック方法とは?巨大血栓と脳梗塞を防ぐ方法!

ガッテン巨大血栓予防法
3月7日のガッテン!で放送された「重症化しやすい脳梗塞の原因となる心房細動に気づき、巨大血栓を予防する方法」をご紹介します!
近年多くなっているという重症化しやすい脳梗塞の一因となっている臓器の中でできる血栓を予防する方法と、毎日の習慣で早期発見できる方法です。
是非毎日の習慣にとり入れてみてください!

スポンサーリンク

心臓にできる巨大血栓の原因は「心房細動」

なんと体の中に約3㎝もの巨大な血栓ができ、重症化しやすい脳梗塞になってしまうケースがあるんだそうです。

3㎝というとかなり大きな梅干し程度の大きさがあるので、そんなものが体内にできるというのは驚きですよね。

では一体どこにそんな大きな血栓ができてしまうかというと、「心臓」です。

「心房細動」って聞いたことがありませんか?
「心房細動」という心臓が細かい動きを繰り返す動きを起こすと、重度の脳梗塞の原因となることがあるんです。

こまかい動きを繰り返すと巨大な血栓ができやすくなり、重度の脳梗塞の原因となってしまうんですね。

血液はよどむ血栓ができやすくなってしまいます。
心房細動により血栓ができると、脳に血栓が形を変えながら向かい、脳の上流につまり広い範囲にダメージを与えてしまいます。

心房細動は認知症になることも

心房細動はさらに認知症とのかかわりも認知され始めてきているそうです。

脳で細かい脳梗塞が起こることで、脳にダメージを与え認知症の一因になってしまうことがあるんです。
脳梗塞だけでなく認知症にもかかわっているなんてとても怖いですね。

心房細動の症状とは?

心房細動の人によくある症状として紹介されたのは「動悸・息切れ」などです。
中には自覚症状がない人もいるため注意が必要です。

自分でできるチェック方法

チェック方法としては

・脈を診る
脈が不規則な場合、心房細動の恐れがあります。

スポンサーリンク

脈の測り方は左手の親指の付け根のところを人差し指、中指薬指を立てて測ります。
お風呂上りなどは避けて、安静時に少し強めに抑えて測るようにしてください。

危険な脈の特徴

心房細動かもしれない脈にはこんな特徴があります。

・不規則
・15秒間に25回以上(1分間に100回以上)
・15秒間に10回以下(1分間に40回以下)もしくは弱くて測れない

というものです。

他にも血圧計を持っている方は血圧計で測れる種類もあります。

とても簡単にできる方法なので、心配な場合は是非チェックしてみてください。

まとめ

私も祖父がこの心房細動で、血液がサラサラになる薬を飲んでいるのでこういう理由で血栓ができやすいのだなと納得しました。

確認の仕方は意外と簡単なので、是非毎日の習慣にとりいれてみてくださいね!

おすすめ関連記事

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連コンテンツユニット

-ためしてガッテン, 病気対策法・健康
-,