LIFE.net

TVで話題のレシピを中心に、ダイエットや暮らしに役立つ情報をご紹介します。

レシピ・料理

-, ,

あさイチの大和の茶粥の作り方。洋風仕立てのアレンジレシピ。

あさイチの大和の茶粥の作り方。大和茶で炊く洋風仕立てのレシピ。

2月27日のNHKあさイチ、みんな!ゴハンだよで放送された昔から奈良の人々の朝食として親しまれてきた大和の茶粥をフレンチのシェフが洋風に仕立てた「大和の茶粥洋風仕立ての作り方」をご紹介します。
炒めたごぼうとお茶、洋風のスープで煮た一味違った大和茶粥のレシピです。

スポンサーリンク

茶粥とは?

茶粥とは文字通りお茶で炊いたお粥のことで、奈良茶がゆともいいます。
もともとは奈良で大仏建立のために茶粥を食べてお米を節約したのが始まりとされています。

布袋に入れた番茶をお粥が吹きあがったときに加えて弱火で炊いて作ったのが基本となる作り方で塩で味を調えます。
番茶の他、煎茶も使われます。

今回はそんな茶粥をフランス料理店シェフの音羽創さんが洋風に考案されたメニューです。
では作り方をご紹介します。

大和の茶粥洋風仕立て

材料 2人分

鶏もも肉 1枚   
塩 適量  
ごはん 100g  
5㎜の角切りにしたごぼう 30g   
オリーブオイル 大さじ1  
顆粒チキンスープの素を表示より少なめに溶いたチキンスープ 200ml  
ほうじ茶の葉ティーバッグ 1袋(2g)   
大和まなの塩漬け、みじん切りのもの 20g 
奈良漬(燻製をみじん切りにする) 16g  
粉チーズ 適量

大和まなとは青菜の野菜のことです。
小松菜の仲間なので、手に入らない場合は青菜の漬物で代用可能です。

作り方

1、鶏もも肉には塩をして、約15分おく。
フライパンを中火で熱し、鶏肉の皮を下にして約5分間焼く。
弱火にして裏返し、裏面も約2分間焼く。
火を止め、蓋をして余熱で約3分火を通す。

2、鍋にオリーブオイル、ごぼうを加えて塩少々をして香りが立つまで弱火で炒める。

3、チキンスープ、ほうじ茶のティーバッグ、さっと洗ったごはんを加える。
沸騰してから5分間弱火で煮る。

4、味をみて、塩で味を調える。
大和まなを加えて混ぜ合わせる。

スポンサーリンク

5、器に盛り付け、食べやすく切った鶏肉を乗せる。
切る時は皮を下にして切ると切りやすくなります。

奈良漬と粉チーズをかけて完成です。

是非作ってみてくださいね。

おすすめ関連記事

こちらもおすすめです。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連コンテンツユニット

-レシピ・料理
-, ,